人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月26日

【ハイライト動画あり】ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、先勝で勝ち越しに王手。南アフリカは後半失速

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

マン・オブ・ザ・マッチのLOマロ・イトジェ

12年ぶりの南アフリカ遠征は、この試合に勝つためにあったと言っても過言ではないだろう。7月24日(土)、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは、ケープタウン・スタジアムにて、世界王者・南アフリカ代表とのテストマッチシリーズ第1戦に臨み、22-17で逆転勝利を収めた。テストマッチは3試合。12年前は2勝1敗で南アフリカが勝ち越しており、ライオンズが先勝したことで、1997年以来の勝ち越しに王手をかけたことになる。

見逃し配信中!

午後6時、ライオンズSOダン・ビガーのキックオフで12年ぶりのテストマッチは始まった。南アフリカのタッチキックでラインアウトを得たライオンズは、いきなり南アフリカゴールライン手前にハイパントを蹴り上げる。ここに走り込んだのは、身長193cmのWTBドゥーハン・ファンデルメルヴァだ。待ち受ける南アフリカWTBチェスリン・コルビは身長170cmで、優位性を生かしてボールに手をかけたファンデルメルヴァだが、キャッチすることはできなかった。いずれにしても、このプレーはキッカーの前からライオンズのFWが走り出すオフサイドの反則という判定で終わる。しかし、ライオンズが意表を突く攻撃を仕掛け、南アフリカの弱みを徹底して攻めようとする姿勢は十分に伝わった。

対する南アフリカは、素早く前に出るディフェンスラインで、ライオンズにプレッシャーをかけた。開始3分、CTBルカンヨ・アムがライオンズCTBエリオット・デイリーに見舞った浴びせ倒すようなタックルはインパクト十分。13分、16分と南アフリカSOハンドレ・ポラードがPGを決め、6-0とリードする。2つともイングランドFLトム・カリーの反則だったが、ひとつはSHファフ・デクラークがキックした後のレイトチャージで、南アフリカの攻撃を寸断する役目のカリーに、気負いが感じられた場面だった。

ライオンズもビガーがPGを返したが、南アフリカはディフェンスで圧力をかけ続ける。29分、ライオンズがワイドに展開したところで、FLピーター ステフ・デュトイが激しく前に出てタックルし、PRトレヴァー・ニャカネがすかさずジャッカル。反則を誘ってポラードが4本目のPGを決めた。スコアは、12-3。前半は南アフリカがボール保持率57%、地域獲得率58%で優位に試合を進めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ