人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月21日

世界中のラグビー選手が対戦を熱望する 「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」 今週末、いよいよ日本代表と対戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ南アフリカ遠征スコッド

歴史的試合が刻々と近づいている。ラグビー発祥の母国イングランドはじめ、ウェールズ、スコットランド、アイルランドという伝統国の精鋭を集めた「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」は、6月下旬より12年ぶりの南アフリカ遠征に出発する。その前にスコットランドのエジンバラで日本代表と対戦するのだが、ライオンズが、ホームで他国と対戦するのは、2005年のアルゼンチン代表に続いて2チーム目だ。

この試合は、ライオンズの発祥とされる1888年に初遠征にちなみ、「The Vodafone Lions 1888 Cup」として開催される。ライオンズの歴史の中に日本代表がその名を刻むことになり、世界中の視線がエジンバラのマレーフィールドに注がれることになる。試合の見どころは直前に書くとして、今回のライオンズについて紹介しておこう。

指揮を執るのは、ニュージーランド出身で、世界屈指の名将ウォーレン・ガットランド(57歳)。アイルランド代表監督(1998~2001)、ウェールズ代表監督(2007~2019)、ライオンズでは、2009年にアシスタントコーチ、2013年、2017年にヘッドコーチを務めた。輝かしいコーチとしてのキャリアの集大成と言えるのが、今回の南アフリカ遠征かもしれない。

当初発表されたライオンズのメンバー37名の内訳はイングランド11名、ウェールズ10名、スコットランド、アイルランドから各8名だった。その後、アイルランドのPRアンドリュー・ポーターが怪我で退くことになり、イングランドのPRカイル・シンクラーが追加招集された。キャプテンはウェールズ代表のキャプテンで今回のメンバーで唯一2009年の南アフリカ遠征に参加したアラン ウィン・ジョーンズ(35歳)が務める。

ライオンズは原則として、4年に一度結成され、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア遠征する。2度同じ国に行くということは、少なくとも12年間トップレベルの実力を維持しなくてはいけない。ウェールズ代表148キャップ、ライオンズのキャップ9で計157キャップは世界歴代最多。しかも過酷なポジションであるLOでの達成は、まさに鉄人である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ