人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月31日

外国人選手が輝いたトップリーグ2021 見習いたい、献身的な仕事ぶり

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

5月23日の決勝戦で18年の歴史に幕を閉じたジャパンラグビー トップリーグには2003年の開幕年からたくさんの外国人選手がプレーしていた。当時からニュージーランド代表オールブラックス経験者は多く、サントリーはCTBアラマ・イエレミア、東芝はCTBスコット・マクラウド、神戸製鋼はLOロイス・ウィリスがいた。その後、オーストラリア代表、南アフリカ代表のビッグネームが次々に来日し、サントリーには、オーストラリア代表SHジョージ・グレーガン、FLジョージ・スミスら代表キャップが100を越えるレジェンドが加入。パナソニックのSOベリック・バーンズ、神戸製鋼のSOダン・カーターなど名前をあげればキリがない。しかし、2021年ほど外国人プレーヤーがクローズアップされたシーズンはなかった。

2019年のラグビーワールドカップ(RWC)が日本で開催されたことが大きいだろう。お馴染みの各国代表選手が増え、国籍や民族にかかわらず一つになって戦うラグビー文化が広く認知され、海外選手への関心が高まった。日本のラグビー環境の快適さを知った海外選手の多くがトップリーグへの参戦を望んだ。2023年のRWCフランス大会に向かっての強化は、どの国もこれから本格化する。2023年を目指す選手たちが違うラグビー文化を体験する機会はこの時期しかなかった。数年後に振り返ったとき、日本のラグビーファンの皆さんは奇跡的なシーズンに立ち会っていたことを実感するのかもしれない。

TJ・ペレナラ(NTTドコモ)

2021シーズンの外国人選手で驚異的なパフォーマンスを披露した筆頭は、TJ・ペレナラNTTドコモ)だ。その力強い動きは「小さいが俊敏」という日本のSHの概念とはまったく違った。リーグ戦第3節(対リコー)の試合終了間際、自陣からWTBマカゾレ・マピンピを走らせ、最後は自らボールを受けて左コーナーにトライした一連のプレーは強烈なインパクトだった。トップリーグの年間表彰式では、最も印象的なシーンとしてJ SPORTS賞を受けている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ