人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月26日

【ハイライト動画あり】日野レッドドルフィンズ、闘志あふれるチャレンジ 北川俊澄、「楽しかった」ラグビー現役生活に幕

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

トップリーグ2021プレーオフトーナメント2回戦は、多くの試合でチャンジャー側が闘志あふれるプレーで観客を楽しませた。4月25日(日)、秩父宮ラグビー場で開催されたトヨタ自動車ヴェルブリッツ日野レッドドルフィンズの試合では、レッドカンファレンス2位のトヨタ自動車に対して、ホワイトカンファレンス7位の日野が牙をむいた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

午後2時30分、トヨタ自動車SOライオネル・クロニエのキックオフで激闘の幕は開いた。立ち上がりは、日野FB川井太貴が地域を挽回するキックが2回連続でトヨタ自動車にチャージされる。直後、日野の短いキックをキャッチしたトヨタ自動車がボールを大きく展開しようとしたところで、日野のWTBチャンス・ペニーがロングパスをインターセプトして約50mを独走。先制トライをあげる。日野はキックを使って地域を前進させ、素早く前に出るディフェンスでトヨタ自動車の攻撃を寸断するなど、チャレンジャーらしくアグレッシブに戦った。

高橋汰地(トヨタ自動車)

前半16分、トヨタ自動車は日野の反則で得たPKから攻め込み、ラインアウトからモールを押した後、クロニエがタックラーを振り切りながらパスし、最後はWTBヘンリージェイミーがハンドオフでタックラーを弾き飛ばして左コーナーにトライをあげた。難しいゴールをクロニエが決めて、スコアは、7-7となる。20分、今度はクロニエが日野のゴールライン近くに、ピンポイントのキックパスを蹴り上げ、走り込んだWTB高橋汰地が日野のディフェンダーの頭上でキャッチしてトライ。14-7と逆転する。その後、点を取り合い、21-10と、トヨタ自動車がリードした前半終了間際、日野がトライを狙ってゴールラインに迫ったが、ここはトヨタ自動車LO吉田杏がジャッカルでピンチをしのいだ。

後半、先にトライをあげたのはトヨタ自動車だった。8分、自陣ゴール前のラインアウトからFLフェツアニ ラウタイミの突破でチャンスを作り、日野のゴールライン前のラインアウトから再びラウタイミがパワフルな走りでトライをあげ、28-10とする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ