人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月16日

プレーオフトーナメント1回戦の注目カード。 豊田自動織機シャトルズの下剋上か、 NECグリーンロケッツの初勝利か。

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

豊田自動織機 vs. NEC

トップリーグ2021は、レギュラーシーズンを終え、最終順位決定戦のプレーオフトーナメントに入る。コロナ禍で短期決戦となり、敗者復活戦などはなく、負ければシーズン終了というノックアウト方式のトーナメントだ。1回戦は下部リーグ「トップチャレンジリーグ(TCL)」の上位4チームがトップリーグ下位4チームに挑む。

4月17日、東大阪市花園ラグビー場では、トップリーグ・ホワイトカンファレンス8位のNECグリーンロケッツと、TCL1位の豊田自動織機シャトルズが戦う。1回戦で一番の注目カードだろう。豊田自動織機は、TCL参加9チームを2組にわけたグループ戦で4連勝。順位決定戦でも元オーストラリア代表SHウィル・ゲニア、SOクエイド・クーパーを擁する近鉄ライナーズを、36-17で下した。滋賀県の布引グリーンスタジアムで行われたこの試合は、安定したスクラムを軸にFW陣が前に出て、WTB松井謙斗の先制トライに始まり、SOフレディー・バーンズ(イングランド代表5キャップ)のインターセプトからの独走トライなどで流れをつかんだ。

豊田自動織機スターティングメンバー

NECとの戦いでは、スクラム、ラインアウトでトップリーグに対抗できるかどうか。ここが互角に戦えれば、FWでは202cm、115kgの巨漢NO8タレニ・セウ、BKにはサントリーサンゴリアス、サンウルブズなどで活躍したファンタジスタのトゥシ・ピシ(サモア代表42キャップ)もおり決定力はある。この他、東芝ブレイブルーパスから移籍して2年目のSH藤原恵太、ハードタックラーのCTB松本仁志、近鉄ライナーズから移籍したPR山口知貴など注目選手も多く、どんなチャレンジを見せるのか楽しみだ。

対するNECグリーンロケッツは、トップリーグのホワイトカンファレンスで7連敗。いまだ勝ち星がない。レギュラーシーズン最終節ではキヤノンイーグルスに、24-71という完敗を喫した。ただし、この試合では立ち上がりの約20分で5トライを奪われており、後半、攻勢に出ると、SOアレックス・グッド(イングランド代表21キャップ)、NO8ジャック・ラム(サモア代表38キャップ)らが3トライをあげた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ