人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月22日

王者・神戸製鋼、7トライの白星発進も NECの果敢な挑戦に苦しむ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ブロディ・レタリック

2年越しの連覇を狙う王者・神戸製鋼コベルコスティーラーズは、2月20日(土)、東大阪市花園ラグビー場でNECグリーンロケッツと対戦。下馬評では神戸製鋼が圧倒的有利だったが、午後2時のキックオフ直後からNECが猛然と前に出てプレッシャーをかけ、神戸製鋼を苦しめた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

先制トライは開始1分のことだった。自陣ゴールラインを背負った神戸製鋼が左オープン展開でパスをつなごうとした瞬間、NECのハードタックラー、CTBマリティノ・ネマニがFB山中亮平に猛然とタックル。こぼれたボールをWTB後藤輝也が拾ってダウンボール。塩崎公寿レフリーはアシスタントレフリーに確認の後トライを認めた。今季加入のSOアレックス・グッドのゴールも決まって、7-0とNECがリードする。その後もNECは、神戸製鋼PR中島イシレリの突進を3人がかりのタックルで押し戻すなど、ボールキャリアーに徹底してプレッシャーをかけた。

受けに回った神戸製鋼だが、ゴールラインを背負ったピンチを中島のジャッカルでしのぐと、前半8分、CTBリチャード・バックマンのジャッカルからチャンスを作る。SOヘイデン・パーカーがNECのディフェンスライン全体が前に出てきたところを見はからって背後に短くキック。これを追ったのは共同キャプテン日和佐篤の怪我でチャンスが回ってきたSH徳田健太だった。トップリーグデビューとなった徳田は難しいボールを足にかけ、キャッチするとタックルされながらオフロードパス。これをサポートした共同キャプテンのFLトム・フランクリンがさらにタックルされながらパスを浮かし、走り込んできた中島がインゴールに躍り込んだ。各選手の卓越した個人技が凝縮されたトライだった。

7-7の同点とした神戸製鋼は、11分にもFW陣のつなぎでLOブロディ・レタリックが抜け出し、サポートしたWTB山下楽平、パーカーがつなぎ、最後はNO8ナエアタ ルイがトライ。パーカーのゴールも決まって、7-14とする。16分には、バックマンが力強く地面を蹴って加速してディフェンスラインを突破し、CTBラファエレ ティモシーがインゴールに駆け込む。やすやすとパスをつないだトライは、大差を予感させるものだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ