人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月8日

ラグビートップリーグ歴代王者決定戦 パナソニック、サントリーの2強時代からの 神戸製鋼、15季ぶりの王座奪還

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

17年の時を刻んだジャパンラグビートップリーグ(TL)は、海外のトップレベルのコーチ、選手の加入で着実にレベルアップし、日本代表の実力を押し上げてきた。日本代表の活動を優先するためもあって、大会方式は試行錯誤を続けながら様々に変化。直近10年を振り返ると、2010年度シーズンからサントリーサンゴリアスが2連覇、2013年度シーズンからはパナソニック ワイルドナイツが3連覇、この2強が東芝ブレブレイブルーパス、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、ヤマハ発動機ジュビロと死闘を繰り広げた。

J SPORTSは、2月8日~10日、トップリーグ歴代王者決定戦の2013年度から2018年度までの6試合を放送する。

13年度からの2シーズンは、2ステージ制+プレーオフが採用された。2013-2014シーズンは、参加16チームを8チームずつに分けた「ファーストステージ」、その順位で上位、下位8チームずつに分けた「セカンドステージ」で順位を争い、最後に上位4チームのプレーオフで優勝を争った。

このシーズンのプレーオフ決勝は、2014年2月11日、秩父宮ラグビー場にて行われた。当初は2月9日に開催される予定だったが、都心で45年ぶりに27cmの積雪があり、2日順延された。パナソニックのキャプテンは堀江翔太、SH田中史朗、SOベリック・バーンズのHB団がチームを操った。笑わない男・稲垣啓太のルーキーイヤーである。対するサントリーは、真壁伸弥がキャプテン。PR畠山健介、SO小野晃征らの日本代表勢に、FLジョージ・スミス(オーストラリア代表)、SHフーリー・デュプレア(南アフリカ代表)という世界のビッグネームも擁していた。

2014年プレーオフ決勝パナソニック

世界最高のオープンサイドFLであり、「ジャッカルの名手」ジョージ・スミスに対し、パナソニックのFL西原忠佑、堀江翔太らがプレッシャーをかける。スミスに仕事をさせると勝てないからだ。ベテランNO8ホラニ龍コリニアシも攻守に活躍。地域を獲得するキックの応酬ではSOベリック・バーンズ(オーストラリア代表)の的確なスキルが際立つ。バーンズは、プレースキックでも3ゴール、8PGを決めた。WTB山田章仁の2トライも必見だ。トップリーグMVPはベリック・バーンズ、プレーオフMVPは山田章仁が受賞。そして、このシーズンの新人賞は、稲垣啓太とヤマハ発動機の堀江恭佑が2人で受賞している。表彰式での稲垣の満面の笑顔は初々しかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ