人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月23日

延期のラグビートップリーグ2021短縮バージョンで2月20日開幕!第1節でトヨタ自動車と東芝が激突

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ジャパンラグビートップリーグ2月20日開幕

延期になっていた「ジャパンラグビー トップリーグ 2021」は、2月20日(土)の開幕が決定した。大会方式は大幅に短縮。当初は「ファーストステージ」、「セカンドステージ」、「プレーオフトーナメント」という三段階で順位を争う形式だったが、「セカンドステージ」を省き、「プレーオフトーナメント」を拡大する。5月23日のファイナルまで全75試合(当初は103試合)、約3カ月の短期決戦だ。

ファーストステージは、予定通り16チームをホワイトとレッドの2つのカンファレンスに分け、それぞれ総当たり戦を行う。予定されていた第5節~第7節のカードを日程、会場をそのまま残し、当初の第1節から第4節をその後ろに移動させた。プレーオフは、全16チームにトップチャレンジの上位4チームを加えた20チームでノックアウト方式のトーナメントを行う。

J SPORTS 放送情報

1月23日午後、オンラインで行われた記者会見で、日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事は、2月20日の開幕に決めた背景を説明した。「当初確認されたPCR検査陽性者68名のうち29名が日常生活、または練習に復帰しており、残る39名もあと1週間で復帰予定です。現状では、十分な準備期間を経て開幕できると判断しました」。また、ラグビー活動による明確な感染は認められず、ラグビー活動以外のところでの行動管理などをさらに徹底していくという説明もあった。

トップリーグの太田治チェアマンは、リーグ独自の観戦ガイドラインの厳格化にも触れた。「チームによっては、練習場と自宅以外の場所には行かないようにしているところもあり、そうした各チームの対策情報を共有し、ウイルスを持ち込まないことを徹底したい」。現状、隔週で行っているPCR検査の頻度も増やす方向で検討中だと話した。2月20日の開幕に向けては、現状は問題ないという判断だが、3週間前に再度各チームの現状を見てゴーサインが出るかどうかを見極めるという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ