人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月4日

全国高校ラグビー大会・準決勝見どころ 優勝候補が激突。連覇目指す桐蔭学園に大阪朝高が挑む

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2020年12月27日に開幕した第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、2021年1月5日、勝ち残った4チームがファイナリストを目指して準決勝に臨む。それにしても、凄まじい準々決勝4試合(1月3日)だった。

東海大大阪仰星vs. 東福岡(1/3第4試合)

特に第4試合の東海大大阪仰星対東福岡は、互いに認め合う者同士の死闘となった。ノーサイドの瞬間、時計は48分を過ぎていた。ペナルティーが連鎖したので終わらなかったのだが、実に18分のインジュリータイムである。21-21の引き分け。高校ラグビー史上に残る互角の好勝負だった。トライ数、ゴール数ともに同じだったため両キャプテンによる抽選の末、東福岡が準決勝の進出権を得た。この試合に敗者はいない。東福岡の永住健琉キャプテンは、封筒を開封し、出場権ありの文字を見たとき、こう思ったという。「嬉しい気持ちと、仰星のぶんも頑張って戦おうと思いました」。そして、仰星の近藤キャプテンに声をかけた。「仰星のぶんまで試合するから、応援してくれ」。どのチームもベスト8で花園を去ることになったチームや、家族やチームメイトとのことを思って戦うだろう。

2021年1月5日、第1試合は、京都成章対東福岡。京都成章は鉄壁のディフェンスで勝ち進んできた。1回戦から準々決勝までの4試合で失ったトライは1つのみ。「ピラニア・ディフェンス」とも呼ばれる防御網で、ボールキャリアーに対して、2人、3人の選手を群がり、攻撃を寸断する。攻撃面では、今大会屈指のSH宮尾昌典が卓越した戦術眼、周囲を活かすパスでディフェンスを翻弄する。193cmのLO本橋拓馬はチームの大黒柱だが、動きが悪いとすぐにメンバー変更。そんな選手層の分厚さもある。

対する東福岡は東海大大阪仰星との死闘の疲れがとれているかどうか、FB坂本公平ら負傷者が戻れるかどうかが気になるところ。体重117kgのPR本田啓がスピーディーに突進するなど個々の能力は高く、長い距離を繋ぎきってトライを奪う力もある。京都成章のディフェンスと東福岡のアタック。その攻防は見応えがありそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ