人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月24日

【ハイライト動画あり】関東大学対抗戦Aは早大が6戦全勝 理詰めの攻撃で、慶大の「突き刺さるタックル」を封じる

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

突き刺さるような慶大のタックルが早大を苦しめ、接戦になる。慶大が明大を破った試合を見ると、そんな予想をしたくなる。実際にスコア上は接戦になったのだが、主導権は終始早大が握っていたように見えた。慶大の「突き刺さるタックル」をほぼ封じていたからだ。

関東大学対抗戦Aグループ第6節、97回目の早慶戦は、11月23日、秩父宮ラグビー場に9,531人の観衆を集めて行われた。コロナ禍でキャパシティの50%という制限のなかでは最大限の観客だった。制限がなければ2万人超の満員だっただろう。両チームの入場に激励の拍手が送られる。声援が禁止される中で思いのこもった拍手だった。

11/23 慶應義塾大学 vs. 早稲田大学

午後2時、早大SO吉村紘のキックオフ。その後の攻防で慶大FL山本凱が早大CTB平井亮佑に激しくタックル。平井も簡単には倒れない。前半5分、早大SH小西泰聖がラックサイドを抜け出して慶大陣深く攻め入るが、慶大CTB鬼木崇が反応良く追いかけて倒し、FB山田響がジャッカルで反則を誘う。10分、山田のPGで慶大が3点を先取した。

慶大はNO8高武俊輔がタックルを決め、LO相部開哉がジャッカルに入るなど粘りのディフェンスで早大の攻撃をしのぐ。18分、早大はPR小林賢太が相手キックをチャージしてチャンスを作る。21分、慶大ゴール前の左ラインアウトからモールを組み、右に攻めたあと、左ショートサイドにSO吉村が走り込むと、タックルをかわしてトライ。3-5と逆転した。

34分、早大はWTB槇瑛人が右コーナーにトライをあげた。このトライはSO吉村のハイパントをキャッチした慶大FB山田を倒してターンオーバーし、1年生FL村田陣悟の突進でチャンスを広げたもの。早大は「慶應よりも先に仕掛ける」(丸尾崇真キャプテン)という言葉通り、攻守にアグレッシブだった。慶大の前に出るタックルを受けないよう、パスを後ろに下げる攻撃は選択せず、FW前5人の選手、CTB平井らが力強く前に出てコンタクトし、機を見て展開すると、CTB長田智希、FB河瀬諒介らスピードある選手が外側に膨らみながらパスを受け、タックルを外に振り切った。慶大も粘り強いタックル、ジャッカルで対抗するが、早大の工夫された動きに突き刺さるタックルができず、流れを変えることはできなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ