人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月16日

【ハイライト動画あり】アルゼンチン代表プーマス 初めてオールブラックスを破る快挙 ニコラス・サンチェス全25得点あげる

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

11/14 ニュージーランド vs. アルゼンチン

歴史的勝利はあまりにも唐突にやってきた。2020年11月14日、オーストラリア・シドニーのバンクウェストスタジアムは興奮のるつぼと化した。アルゼンチン(プーマス)が、25-15でニュージーランド(オールブラックス)を破ったのだ。アルゼンチンは、2015年のラグビーワールドカップ(RWC)でベスト4になり、南半球4強国(ニュージーランド=NZ、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチン)によるザ・ラグビーチャンピオンシップ(TRC)に参加する強豪だが、ニュージーランドには過去29戦して一度も勝ったことがなかった。たった一度の引き分けも、1985年のことである。

今年のTRCはコロナ禍で南アフリカが参加できず3カ国での開催となった。アルゼンチンは大半の選手が感染者の少ないウルグアイで検疫を受け、フランス、イングランドのクラブでプレーする13選手は直接オーストラリア入り。自主隔離を経ての参加だった。彼らにとって今大会初戦となるNZ戦は、テストマッチ(国代表同士の試合)としてはRWC2019のアメリカ代表戦以来402日ぶり。大会前はオーストラリア代表選手を含むオーストラリアAと2戦して2勝したが、わずかな準備で初戦を迎えた。

対するNZはオーストラリアと4試合を経ており、大半の選手が7月から8月にかけてスーパーラグビー・アオテアロアでプレー。準備の差は明らかだった。しかも、NZは前節オーストラリアに敗れ、必勝態勢のベストメンバーで臨んでいた。

シドニーでの一戦は、アルゼンチンSOニコラス・サンチェスのキックオフで始まった。そのボールをNZのパワフルWTBケイリブ・クラークがキャッチして突進する。これをアルゼンチンのFLパブロ・マテーラキャプテンがタックル一発で倒す。気迫みなぎる表情に売り出し中のWTBを一歩も前に出さないという決意がにじんだ。その後も、アルゼンチンは素早いパスワークで攻勢に出て、4分、SOニコラス・サンチェスがハーフウェイライン付近からPGを決めて先制する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ