人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月6日

関西大学Aリーグ2020、待望の開幕 王者・天理大を追う同大、京産大 予測不能の短期決戦を見逃すな

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

コロナ禍で多くのスポーツが影響を受ける中、関西大学Aリーグも中止する可能性があった。8月に天理大学でクラスターが発生した以降も、新型コロナウイルス感染症の陽性者が出たチームがあり、例年の10月初旬開幕には準備の間に合わないチームが出てしまうためだった。しかし、学生に公式戦の機会を与えるためさまざまな案が検討された結果、変則日程での開幕が決まった。11月7日~12月6日までの短期決戦である。

大会方式は例年の8チームによる総当たり戦ではなく、昨季の順位を基に8チームを2つのリーグに分け、4チームずつの総当たり戦で順位を決めるもの。最後は同じ順位同士で順位決定戦を行う。年末年始に行われる恒例の全国大学選手権大会には3位までが出場。組み分けは、奇数順位のOddリーグ(天理大、関西学大、近畿大、摂南大)、偶数順位のEvenリーグ(同志社大、京産大、立命大、関西大)。総合3位以内に入るためには、各リーグで最低2位までに入るのが条件だ。

事前に十分な対外試合ができていないため、10月11日から3週間は通常開催の場合に確保してあったグラウンドを使用して交流試合を実施。各大学が準備を整え、11月7日、いよいよキックオフとなる。初日は、天理親里ラグビー場(奈良県天理市)で近畿大対関西学大、天理大対摂南大、翌8日は、鶴見緑地球技場(大阪市鶴見区)にて、京産大対立命大、関西大対同志社大が対戦する。

関西リーグ4連覇中の天理大

頭一つ抜きんでた実力を誇るのは天理大だ。現在、関西リーグ4連覇中で、大学選手権でも2018年度準優勝、2019年度ベスト4と着実に実績を積み上げている。大観衆が集う秩父宮ラグビー場での試合を経験したPR小鍛治悠太(4年)、NO8アシペリ・モアラ(3年)、SH藤原忍(4年)、SO松永拓朗(4年)、CTBシオサイア・フィフィタ(4年)らがチームを引っ張っているのは強みだ。特にフィフィタは、サンウルブズ入りし、スーパーラグビーのレベルも経験、持ち前の突破力に加えて周囲を生かすプレーもできるようになった。他大学がもっとも警戒する選手だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ