人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月25日

【ハイライト動画あり】ブルズvs.シャークス、ワールドカップ決勝のMVPフェルミューレンのリーダシップが光る。スーパーラグビー2020 南アフリカ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月9日(金)に開幕した南アフリカの国内大会「スーパーラグビー・アンロックド」は第3週に入り、10月24日(土)は強豪ブルズが、ホームにシャークスを迎えた。

ブルズは、開幕戦はホームでグリクアスに30-23と勝利したが、第2節はチーターズに終盤追い上げたが17-19と惜敗し、1勝1敗の勝ち点5で現在2位につけている。

今大会からチームの指揮を執る、ジェイク・ホワイト監督(ディレクター・オブ・ラグビー)は、チーフス戦からFW(フォワード)3人、BK(バックス)5人を入れ替えた。

後半は雨の中の戦いとなった

フランスのトゥーロンから復帰し、この日が30歳の誕生日だったPR(プロップ)マルセル・ファンデルメルヴァが今大会初先発、日本のクボタでもプレーした、昨年のワールドカップ決勝で最優秀選手に輝いたキャプテンNO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレン。

また、BK(バックス)も経験豊富なSO(スタンドオフ)モルネ・ステインと、7人制ラグビー南アフリカ代表でもあるCTB(センター)ステッドマン・ガンスといった強力な布陣で臨んだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

一方、シャークスは開幕戦をホームで19-16とライオンズに競り勝ち、先週はBYE(休みの週)で、現時点で勝ち点4の4位につけている。シャークスのショーン・エヴェリットHC(ヘッドコーチ)は、初戦のライオンズ戦から、わずか1名の変更にとどめた。

キャプテンのCTBルカニョ・アムを中心にPRオクス・ンチェとトーマス・デュトイ、NO8シクンブーゾ・ノーチェといったスプリングボクス経験者と、21歳のSH(スクラムハーフ)サネル・ノハンバと、23歳で代表経験もある大型SOカーウィン・ボッシュのハーフ団といった若く勢いのある選手とベテランをバランスよく配置した。

試合は気温30度を超える中、ブルズのホームスタジアムであるプレトリアのロフタス・ヴァースフィールドでキックオフされた。この試合も無観客で行われたが、客席にはファンの顔のお面が並んだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ