人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月9日

関東大学リーグ戦1部第2週 昨季2位の日大、連勝なるか 3シーズンぶり昇格の関東学院大と対戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

昨季、6年ぶりの大学選手権出場を果たした日大

関東大学リーグ戦の第2週は、10月10日(土)、11日(日)に4試合が各大学のグラウンドで無観客にて行われる。10月4日(日)の開幕週では昨年1位の東海大東海大はじめ、2位日大、3位流通経済大など上位陣が白星スタートを切った。5位の専修大は4位の大東文化大を破っている。昨季、6年ぶりの大学選手権出場を果たした日大は、中央大に33-28で勝利したが内容な苦しいものだった。

日大はWTB水間夢翔(2年)のトライで先制したものの、中央大の素早い攻めに2トライを奪われ、14-12とリードされて後半へ。後半開始早々にはトライを防ごうとしたNO8シオネ・ハラシリ(3年)のタックルが相手の首に入ってレッドカード。ペナルティートライを奪われた上に以降の約40分を14人で戦うことになってしまう。しかし、日大は慌てず攻勢に出た。WTB水間はFW第一列のHOからWTBまでこなすユニークなプレーヤー。スクラムではFLの位置に入り、ハラシリの抜けた穴を埋めた。

BKには、CTB、WTB、FBをカバーできるナサニエル・トゥポウ(2年)を後半7分に投入し、BKリーダーのCTBフレイザー・クワーク(3年)らとともに力強くボールを前に運び、一人少ないことを感じさせずに戦った。最後はラインアウトのモールから水間が連続トライをあげて逆転勝利。水間は3トライのハットトリックでマン・オブ・ザ・マッチの表彰を受けた。「もっとボールタッチ回数を増やしたい」とどん欲だ。ゲームキャプテンを務めたLO趙誠悠(3年)は「14人になってもあきらめずに戦った。次の試合に向けては課題を修正したい」と語った。前半にも水間が危険なタックルでイエローカードを受けており、規律の部分は修正点の一つだろう。

第2週は関東学大グラウンドに出向き、3シーズンぶりに1部に復帰した関東学大と対戦する。鍛えてきたフィジカル面、そしてスクラムで圧力をかけることができるかどうか。メンバーは先発で5名の変更。中野克己監督が絶大な信頼を寄せるキャプテンの藤村琉士(4年)がHOで先発し、先週はリザーブだったLOテビタ・オト(3年)が5番に入って、5番を務めた板倉正矢(3年)が6番へ。FLは金潤歩(3年)に代わって長谷銀次朗(4年)、シオネ・ハラシリに代わって平坂桃一(2年)がNO8に入る。また、14番でナサニエル・トゥポウ(2年)が先発し、14番だった水間が11番を背負う。先週以上にパワフルなBKラインになった。日大としてはスクラムで圧力をかけ、パワフルなランナーを軸にフィジカル面の優位戦を生かしたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ