人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月2日

関東大学対抗戦A開幕 学生王者・早大は2年生HB団が先発 昨季大勝の青学大と対戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line


コロナ禍で先の見えない状況のなか、国内ラグビーがいよいよ本格始動する。10月4日(日)、秩父宮ラグビー場(東京都港区)では、関東大学対抗戦A開幕戦が有料試合にて行われる。12月から1月にかけて開催予定の全国大学選手権は14チームが参加するが、関東大学対抗戦からは5位までのチームが出場できる。大会規定で、前大会の決勝戦進出チームの所属リーグは増枠という規定があり、早大と明大が決勝戦に進出した関東大学対抗戦が本来の3枠から5枠となった。

昨季11年ぶりに大学日本一に輝いた早稲田大学

昨季11年ぶりに大学日本一に輝いた早稲田大学

学生王者・早大は第2試合に登場し、青学大と対戦する。昨季のメンバーから齋藤直人キャプテン、プレーメイカーのSO岸岡智樹、突破役のCTB中野将伍といった主力が卒業し、この穴を誰が埋めるのかに注目が集まる。トップリーグでも即戦力になる彼らに代わる選手は簡単には出てこない。いかに総合力を高められるかがカギだろう。3年目の指揮を執る相良南海男監督は、新たなキャラクターづくり、新たなチャレンジが必要としつつ、「やはり、ディフェンスがベース」と、その著書(早稲田ラグビー最強のプロセス・集英社)で述べている。

開幕戦メンバーを見ると、キャプテンのNO8丸尾崇真(4年)、PR小林賢太(3年)、WTB古賀由教(4年)ら昨年の主力に加え、SHには期待のSH小西泰聖(2年)、SOは東福岡高校出身の吉村紘(2年)が入った。小西は桐蔭学園高校時代から天才と謳われた選手。吉村は高校3年間、全国大会でも活躍した。若いHB団がどうチームを機能させるか。もちろん、倒れた選手がすぐに起き上がって動き続けるという早大らしさは開幕戦から出していきたい。チームのスローガンは、昨年の「For ONE」から今年は「BATTLE」へ。「早稲田ラグビーに関わるものすべてが「一つになる」から、「一つになって戦う」という変化である。相手だけではなく、仲間とも妥協なく切磋琢磨していこうということだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ