人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月29日

関東の大学ラグビー注目選手 将来期待の逸材をピックアップ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

明大・キャプテン箸本龍雅

10月4日(日)、関東学生ラグビーのトップリーグである「関東大学対抗戦A」、「関東大学リーグ戦1部」が開幕する。各リーグの順位争いとは別に将来を嘱望される選手たちに着目するのも楽しみ方の一つ。個人技で観客を魅了するような選手、卒業後、トップリーグで活躍しそうな選手をピックアップしてみたい。

関東大学対抗戦の上位チームは、ジュニア・ジャパンやU20日本代表に選出された人材の宝庫だ。明大のキャプテン箸本龍雅(188cm、106kg)はスーパーラグビーのサンウルブズにも参加し、豊富な運動力と突破力でFW第二列、第三列をこなす。昨年の大学選手権決勝でも早大に敗色濃厚のなか、最後まで相手を追いかけ失点を防ごうとする姿が印象的だった。新シーズンでも明大の先陣を切って防御を切り裂くだろう。今季の大学選手で日本代表にもっとも近い選手と言ってもいいかもしれない。

明大には同じくサンウルブズ入りしたFB雲山弘貴(187cm、93kg、3年)がいる。日本代表SO候補の一人である山沢京平(176cm、86kg、4年)の天才肌のプレーも注目だ。昨年出場していなかった選手では、7人制日本代表経験のあるWTB石田吉平が面白い存在。168cm、74kgと小柄だが、切れ味鋭いステップワークでタックラーを翻弄する。

早大・WTB古賀由教

学生王者・早大にもジュニア・ジャパンのPR小林賢太(181cm、114kg、3年)、FL相良昌彦(180cm、96kg、2年)、FB河瀬諒介(183cm、90kg、3年)らがいる。河瀬はそのスピードでタックラーを振り切っての大幅ゲインを何度も見せてくれそうだ。WTB古賀由教(175cm、83kg、4年)はGPSで1秒に10.1mという抜群のスピードを叩きだし、ポスト福岡堅樹としても期待される。

J SPORTS オンデマンド番組情報

王座奪還に燃える帝京大には大阪桐蔭高校の日本一メンバーのSO高本幹也(171cm、83kg、2年)、同じくジュニア・ジャパンのLO山川一瑳(190cm、98kg、2年)、1年生のFL奥井章仁(178cm、102kg)ら成長が期待される選手が多い。筑波大ではFB松永貫汰(167cm、77kg、3年)がタックラーを幻惑するステップを披露してくれるだろう。慶大の1年生FB山田響(174cm、74kg)は報徳学園高校時代、抜群のスピードでファンを驚かせたが、大学ラグビーでもトライを量産できるか注目の存在だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ