人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月18日

安定のブランビーズか、勢いのレッズか。 必見のオーストラリア・ラグビーNO1決定戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

オーストラリアのスーパーラグビーAUは、いよいよグランドファイナルを迎える。レギュラーシーズンを首位で終えたブランビーズに、2位のレッズが挑む、まさに頂上決戦だ。ラインアウトからのモールを武器に安定感ある戦いを続けたブランビーズに対し、レッズは若い選手たちが一戦ごとに自信をつけて勝ち進んできた。どんな展開が待っているのか胸が高鳴る。

試合は9月19日、午後7時20分キックオフ(現地時間)。舞台となるのはブランビーズの本拠地であるキャンベラのGIOスタジアムだ。COVID-19は、オーストラリアでは落ち着きつつあるが、感染拡大防止の入場制限により、チケットは6,000枚しか販売されなかった。もちろん、すでに売り切れている。

【ブランビーズ】スターティングメンバー

迎え撃つブランビーズがホームで決勝を戦うのは、2004年のスーパーラグビーで優勝したとき以来。レギュラーシーズン最終節では、レッズに7-26で敗れたが、その試合から先発で4名のメンバーチェンジがある。4番はダーシー・スワインに代わってスコットランド出身のベテランLOマレー・ダグラス。6番はロブ・ヴァレティニからFLラクラン・マキャフェリー、SHはニック・ホワイトがリザーブに回って、ジョー・パウエルが先発する。ともにオーストラリア代表の豪華リレーだ。SOも怪我で戦列を離れていた20歳のノア・ロレシオが復帰し、穴を埋めていたベイリー・クンツルが控えに回る。ロレシオは発表されたばかりのオーストラリア代表スコッドにも名を連ねる注目株だ。

【レッズ】スターティングメンバー

対するレッズは、先週の先発メンバーからPRジャンピエール・スミスがハリー・フーパートに代わり、WTBクリス・フェアウアイサウティアは負傷欠場。しかし、これ以外は変わらず。怪我が心配されたCTBハミッシュ・スチュワート、ジョーダン・ペタイアも出場する。ペタイアはアウトサイドCTBからWTBに移動し、先週、負傷退場したペタイアに代わって大活躍したハンター・パイサミがアウトサイドCTBへ。突破力抜群のWTBフィリポ・ダウングヌ、売り出し中の攻撃的SHテイト・マクダーモット、円熟味を増すSOジェームズ・オコナーも含め、強力なBKラインとなっている。レッズは、スタッツ(統計数値)の攻撃部門では、ボールを持って前進した距離(メーター=476m)、タックルされずに突破する回数(クリーンブレイク=11回)、タックルされながらも前に出る回数(ディフェンス突破=25回)、オフロードパス(8回)と、一試合平均の数値がすべてリーグ1位だ。加えてディフェンスも粘り強く、勢いはレッズが上のように見える。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ