人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月14日

【ハイライト動画あり】レッズが死闘を制し決勝進出 トンガの雷神トゥポウ、驚異の加速でトライ演出

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
スーパーラグビー2020 オーストラリア 準決勝 レッズ vs. レベルズ

スーパーラグビー2020 オーストラリア 準決勝 レッズ vs. レベルズ

オーストラリア・ラグビー最高峰の戦い「スーパーラグビーAU」準決勝は主力が次々に負傷退場するなど激しい攻防が続く死闘になった。9月12日、レッズの地元ブリスベンのサンコープスタジアムにて、午後7時15分キックオフ。レギュラーシーズン終盤に調子を上げたレッズが優位に立つと思われたが、初のプレーオフ進出を果たしたレベルズは立ち上がりからテンポよくボールを動かして、レッズを防戦一方に追い込んだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半7分には、SOマット・トゥムーアがレッズ陣深く攻め入ったところから右コーナーへキックパス。WTBアンドリュー・ケラウェイがキャッチしてトライしたかに見えたが、映像判定の結果、ボールを置く寸前にインゴール内のタッチラインを踏んでおり、トライは認められず。その直後、再び攻め込んだレベルズのパスをレッズのCTBジョーダン・ペタイアがインターセプトし、約60mを走り切って先制トライをあげた。

その後は両チームとも地域獲得を意識してキックの応酬が多くなったが、前半16分にレベルズのSOトゥムーア、24分にレッズSOジェームズ・オコナーがPGを決め合い、スコアは10-3。この直後、レッズはペタイアが負傷退場したが、交代出場のハンター・パイサミがペタイアに優るとも劣らないエネルギッシュなプレーで穴を埋める。35分、レッズのオコナーのキックをレベルズのNO8イシ・ナイサラニがチャージ、ボールはインゴールに転がり、押さえればトライだったが、ボールはナイサラニから遠ざかる方向に弾んだ。それでもレベルズは粘り強く攻め、前半終了間際、WTBマリカ・コロインベテが密集サイドのディフェンスの隙をついてトライをあげ、10-10の同点とする。

後半開始早々、レベルズは経験豊富なFBデイン・ハイレットペティが痛めていた右膝を悪化させて退場。一方のレッズはスクラムで優位に立ち、後半4分には、パイサミの突破でチャンスを作り、WTBフィリポ・ダウングヌのパスにLOルカーン・サラカイアロトが走り込んでトライ。17-13とする。この日のダウングヌは、俊足を生かした突破、タックルだけではなく、タックルで倒した相手のボールにからむジャッカルでピンチを防ぐなど、大車輪の活躍だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ