人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月4日

ラグビー王国の精鋭が北島と南島に分かれて激突 リッチー・モウンガ対ボーデン・バレットほか ファン垂涎のマッチアップは必見。 88年ぶりに発見された伝統のカップにもご注目を。

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ラグビー王国ニュージーランド(NZ)の精鋭を集めた「インターアイランドマッチ2020 北島対南島」が、9月5日(土)、日本時間の午後4時10分に同国の首都ウェリントンでキックオフされる。南北対決は1897年から始まり、かつてはNZ代表オールブラックスを選出するセレクションマッチだったが、1986年以降は定期的に行われなくなった。1996年に発足したスーパーラグビーのチームからオールブラックスを選ぶようになってからは必要もなくなっていたが、今年はコロナ禍で試合数が少なく、伝統の一戦が復活することになった。Covid-19の各都市の警戒レベルに違いがあり、当初予定されていたオークランドからウェリントンに場所を移し、無観客で行われる。

オールブラックスを選ぶにあたっては、単に個人技だけではなく、規律の高さやチームの中で機能できるか、コーチ陣の作りたいチームにフィットするかどうかなど、さまざまな視点があるが、観戦側としては、ラグビー王国のスター選手の織り成すスーパープレーの数々を堪能したい。発表されたメンバーを見ると、さらに胸が高鳴る。チーム分けは、初めてプレーした州代表が北島か南島かが基準になっている。

【北島】スターティングメンバー

チームを操るハーフ団は、北島がTJ・ペレナラボーデン・バレット、南島はブラッド・ウェバーとリッチー・モウンガだ。すでに全員がオールブラックスで昨年のラグビーワールドカップ(RWC)に出場しているが、モウンガはNZ版スーパーラグビー「アオテアロア」でクルセイダーズをけん引し、優勝に導いた。正確なキック、パスだけではなく、ランでも魅せた。世界最高のSOとも言われるバレットも卓越したスキルを持つ。オールブラックスの正SOに相応しいのはどちらなのか。2人の動きから目が離せない。

【南島】スターティングメンバー

アオテアロアで猛アピールした成長株と言えば、南島のウィル・ジョーダン(22歳)、北島のケイリブ・クラーク(21歳)のWTBだ。クルセイダーズのトライゲッターとして、WTB、FBでランニングスキルの高さを見せたジョーダン、ブルーズのWTBとしてパワフルなディフェンス突破を連発したクラークは、まだオールブラックスでは試合に出ていない。代表デビューを果たすのはどちらかのか。この対決も面白い。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ