人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月20日

首位をうかがうレッズに、 ウェスタン・フォースが牙をむく。 東芝のリチャード・カフイにも注目

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ニュージーランドの「アオテアロア」が終了して、寂しい思いをしているファンの皆さんは多いだろう。しかし、オーストラリアの「スーパーラグビーAU」は、9月19日のファイナルまでまだまだ世界中のファンを楽しませてくれる。特に激しい肉弾戦はアオテアロア以上。思わず声が出るボールの奪い合いも面白い。

スーパーラグビーAUは、第7節を終えて、4勝1敗勝ち点18のブランビーズが首位に立つ。これを追うのが3勝1分け2敗のレッズ(勝ち点16)。3位ワラターズ(勝ち点15)、4位レベルズ(勝ち点14)とここまでは大混戦。いまが勝ち星のないウェスタン・フォースが最下位だが上位を苦しめる試合はしている。第8節のこの試合は、本来であればフォースの本拠地パースで行われるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の移動制限により、クインズランド州ゴールドコーストのシーバス・スーパー・スタジアムで開催される。

【フォース】スターティングメンバー

フォースは前節この会場でワラターズと戦った。8-28と敗れたが、CTBリチャード・カフイが地面を這う絶妙のキックでNO8ブレイナード・スタンダーを走らせ一矢報いるトライをあげた。そのメンバーから今回は先発で2名の変更。クインズランド生まれのHOアンドリュー・レディが最近の好調を買われて先発し、右LOには200cm、117kgのオリー・アトキンスが入る。前節右LOだったファーガス・リー・ウォーナー(194cm、112kg)はFW第三列へ移動。元ニュージーランド代表のLOジェレミー・スラッシュ(198cm、118kg)と3人のジャンパーで、レッズの弱点であるラインアウトを制圧したい。前節は鼻の怪我で欠場していたオーストラリア代表SHニック・フリスビーが戻ってきてリザーブ入りしたのは好材料だ。

【レッズ】スターティングメンバー

対するレッズは、前節、レベルズを19-3で下した。PGで先制されながら、相手ゴール前で自慢のスクラムを押し込み、最後はWTBジョーダン・ぺタイヤが逆転のトライ。前半27分には、FBジョック・キャンベルのカウンターアタックでチャンスを作り、抜群の突破力を誇るWTBフィリポ・ダウングヌのオフロードパスを受けたHOブレンダン・パエンガ=アモサがトライして突き放した。オーストラリア代表PRタニエラ・トゥポウ(175cm、128kg)がレベルズの巨漢PRヴァアウリ・ファアマウシリ(196cm、130kg)を強烈なタックルでタッチライン外に押し出すという見せ場も作っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ