人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月31日

スーパーラグビーAU首位攻防戦 好調レッズが全勝ブランビーズに挑む

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

オーストラリアの「スーパーラグビーAU」は第5節を迎え、首都キャンベラで注目の一戦がある。前評判通り3連勝スタートのブランビーズと、2勝1分けで2位につけるレッズの対決だ。元オールブラックスの名LOブラッド・ソーン率いるレッズは、22歳のFLリアム・ライトキャプテンを筆頭に伸び盛りの選手が多いが、開幕戦で11連敗中だったワラターズを倒し自信をつけた。第2節はレベルズと18-18と引き分けたが、第3節はウェスタン・フォースに31-24で競り勝ち、一週の休みを挟んでブランビーズへの挑戦となる。

レッズはオーストラリア代表ワラビーズの新鋭WTBジョーダン・ペタイア(191㎝、103kg、20歳)が肩の怪我から復帰してリザーブ入り。その決定力を途中出場で見せつけることができるか。FWにはワラビーズのPRタニエラ・トゥポウ、LOラカン・サラカイア=ロト、売り出し中のNO8ハリー・ウィルソンら突破力ある選手に、長身LOアンガス・ブライス(204㎝、120㎏、22歳)が怪我から復帰。ブランビーズの強力FWに挑む。リザーブのLOライアン・スミス(199㎝、117㎏、23歳)は出場すればスーパーラグビーデビューとなる。

チームを操るのは、SOジェームズ・オコナー。円熟味を増したプレーでブランビーズをどう崩すか。CTBハンター・パイサミは、クインズランド・ラグビー協会と2022年までの契約を結んだ。新型コロナウイルス感染症拡大の後で契約を結ぶのは初めてのケースだ。期待の表れだろう。

迎え撃つブランビーズは、前節、ウェスタン・フォースを24-0で下した。自陣からも果敢にボールをつないでトライを奪い、スクラム、ラインアウトも安定。110タックルを決め、ミスタックルは9と堅実なディフェンスが光った。「キャンベラのサポーターの前で、好スタートを切っているレッズと戦えることはエキサイティングだ」と、ダン・マッケラーヘッドコーチ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ