人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月29日

小倉順平のあくなき向上心 キヤノンイーグルスで自らを鍛え、 RWC2023の日本代表スタンドオフへ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2020年に入り小倉順平のラグビー人生は激変した。NTTコミュニケーションズシャイニングアークスで5年目のトップリーグを戦いながら、シーズン序盤で退団しサンウルブズへ入団。2017年シーズン以来のサンウルブズでプレー機会を得た直後、新型コロナウイルス感染症拡大によるスーパーラグビー休止が決まる。一縷の望みに賭けて待機し、世界各地に散らばったチームメイトとの合同トレーニングをリードするなど苦境のなかで小倉はできるかぎりの行動をとった。しかし、サンウルブズの活動はいったん終了。プレーする場を失った小倉に声をかけたのはキヤノンイーグルスだった。しかし、キヤノンには小倉と同じポジション(スタンドオフ=SO、10番)に日本代表の田村優がいる。それでも小倉はキヤノンへの入団を決めた。約半年の間に3チームを渡り歩くことになった心の動きについて、思い描く未来について、詳しく聞いた。


──キヤノンイーグルス入団の経緯について聞かせてください。

「サンウルブズに所属していたときにキヤノンから声をかけていだだき、いろいろな話をしました。入団を決めるにあたって、沢木敬介さんが監督になるということ、田村優さんがいることは大きかったです。自分を成長させてくれる場という意味で、よい環境だと感じたのです」

──沢木さんはサンウルブズのコーチングコーディネーターを務めていました。どんな印象をもっていましたか。

「コーチとしての経験が豊富で、(僕に)できないこと、足りないものを指摘してくれますし、学ぶことの多いと感じていました」

──サンウルブズで出会う前は、接点はなかったのですね。

「はい。(サントリーサンゴリアスの監督として)怖い顔をして笑わない沢木さんしか知りませんでした(笑)」

──そのイメージは実際に話をして変わりましたか。

「かなり変わりました。気さくですし、いろんな人をいじります」

──なぜ、NTTコミュニケーションズを退団したのですか。

「NTTコミュニケーションズではプロ選手としてプレーしていました。契約上、トップリーグでプレーしなければいけなくて、シーズンが重なっているスーパーラグビーでプレーするには退団するしかなかったんです」

──それくらいサンウルブズに行きたかったのですね。

「サンウルブズが今年でスーパーラグビーを離れることが分かっていました。スーパーラグビーでプレーする機会は一生に一度あるかないかです。2017年にサンウルブズに参加した時もいろいろ感じることがあったので、もう一度行きたいという思いは強かったです」

──サンウルブズが最後だと分かっていながらNTTコミュニケーションズを退団するのは、退路を断つことになります。そういう行動に出る性格には見えませんでした。

「はい、そういうタイプではなかったです。でも、サンウルブズに行くと決めてからは、気持ちが曲がることはなかったです。(契約上は)僕の言っていることがおかしいのですが、気持ちが伝わったのか、最終的には会社(NTTコミュニケーションズ)からも、頑張っておいで、と言ってもらえました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ