人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月27日

【ハイライト動画あり】クルセイダーズ敗れる! 攻撃的ディフェンスでハリケーンズが勝利 ますます目が離せないスーパーラグビー「アオテアロア」

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

4戦全勝で首位を走っていたクルセイダーズが敗れた。7月25日(土)、ニュージーランド(NZ)南島クライストチャーチで開催されたスーパーラグビー「アオテアロア」第7節。地元の声援を背にピッチに立ったクルセイダーズにはいつも以上の緊張感があった。BKラインの中心メンバーでありバイスキャプテンのFBデイヴィッド・ハヴィリ、アウトサイドCTBブレイドン・エノーを怪我で欠き、相手は上り調子のハリケーンズである。危機感を持っての戦いだった。

一方のハリケーンズは、クルセイダーズとは6点差の3位につけており、勝って4点を獲得すれば優勝圏内に残ることができる。しかし、ハリケーンズは2016年以来、クルセイダーズには勝っていない。加えて、オールブラックスのHOダン・コールズの怪我に続き、試合直前に右PRティレル・ロマックス、リザーブFWのイサイア・ウォーカーレアウェレ、ヴァエア・フィフィタの怪我による欠場が決まるなどこちらもマイナス要素はあった。

チームの総力が問われる戦いは、現地時間午後7時5分に始まった。両者は立ち上がりから激しくプレッシャーをかけ合った。凄まじい勢いで前に出るハリケーンズのディフェンスに対して、クルセイダーズはタックルされながら細かくパスをつないだ。前半8分、ハリケーンズFBジョーディー・バレットがPGを決めると、11分、クルセイダーズSOリッチー・モウンガもPGを返す。16分、クルセイダーズはハリケーンズ陣深く入った左タッチラインのラインアウトからCTBジャック・グッドヒューを縦に走らせ、その右にモウンガが走り込んでトライをあげる。モウンガのゴールも決まって、スコアは、10-3。

ハリケーンズも負けていない。前半22分、連続攻撃で攻め込むと、CTBンガニ・ラウマペの右方向への突進に対して、角度を変えて走り込んだCTBピーター・ウマンガジェンセンがパスを受けて抜け出し、そのままトライ。10-10とすると、29分にはバレットのPGで再びハリケーンズがリードする。

観客を驚かせたのは、前半31分、クルセイダーズのトライだった。ハリケーンズ陣中盤のラックからWTBセヴ・リースがパスを出し、それを左に立って受けたSHブリン・ホールがディフェンスを引き付けてリースにパスを戻すと、リースが一気に抜け出し、左タッチライン際にいたWTBジョージ・ブリッジにロングパスを送る。キャッチできないと見るや、ブリッジはショートバウンドしたボールを左足で蹴るサッカースキルを披露してインゴールへ。インゴールでゆっくりバウンドしたボールは、カバーディフェンスのバレットから遠ざかるように跳ね、これをブリッジが押さえて逆転トライとなった。

曲芸のようなトライで17-13となったが、ハリケーンズは34分、HOアサフォ・アウムアが左タッチライン際を突進してチャンスを作り、大きく右オープンへ展開。最後はWTBウェス・フーセンが、クルセイダーズCTBフェトゥリ・パエアを振り切ってトライ。前半終了間際にバレットがPGを追加し、17-21と、ハリケーンズがリードして前半を終了した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ