人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月12日

【ハイライト動画あり】レベルズvs.レッズ、中立地での対戦はスーパータイムに突入。スーパーラグビー2020 オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:HOアレックス・マフィのトライ

ニュージーランドに続いて、先週7月3日(金)に開幕したオーストラリアの国内大会「スーパーラグビー2020 オーストラリア」は、7月10日(金)11日(土)に第2節行われ、10日(金)はレベルズレッズが対戦した。

レベルズの本拠地のあるヴィクトリア州が新型コロナウィルス感染拡大の影響で、9日(木)から6週間のロックダウンとなったため、ニューサウスウェールズ州のシドニー郊外、ブルックベール・オーバルで、3000人ほどの観客を入れて試合は行われた。

開幕戦はアウェイで、ブランビーズに23-31と敗れてしまったレベルズは、オーストラリア代表のCTB(センター)リース・ホッジから、元サントリーのキャンベル・マグネイに入れ替えた以外は前節と同じメンバーで臨んだ。

近鉄に所属する、今季サンウルブズでもプレーしたLO(ロック)マイケル・ストーバーグ、セブンズでも活躍したNO8(ナンバーエイト)マイケル・ウェルズ、近鉄のSH(スクラムハーフ)ライアン・ローレンス。

そして、ワラビーズのSO(スタンドオフ)マット・トゥームア、昨年の国内最優秀選手に輝いたWTB(ウィング)マリカ・コロインベテ、キャプテンのFB(フルバック)デイン・ハイレット ペティら、日本でもおなじみの選手が先発した。

また今季、サンウルブズでプレーし、ブランビーズ戦も控えから出場したHO(フッカー)エフィトゥシ・マアフが今週もベンチ入りした。

J SPORTS オンデマンド番組

アウェイのレッズは、開幕戦でワラターズに32-26と勝利し、2013年からの対ワラターズの連敗を11で止めた。

今週も22歳のキャプテンのFL(フランカー)リアム・ライトを始め、20歳のNO8(ナンバーエイト)ハリー・ウィルソン、攻撃的なSHテイト・マクダーモットと、オーストラリア代表のSOジェームズ・オコナーがハーフ団を組み、先週トライを決めたWTBフィリポ・ダウングヌと、FBブライス・ヘガティーらがスターターに名を連ねた。

時折、雨が降る中、試合はレベルズのボールでキックオフされた。試合序盤はレベルズがボールをキープし、敵陣に攻め込み、前半6分、SOトゥムーアが落ち着いてPGを決めて3-0と先制する。

その後はレッズも敵陣に攻め込むがミスや反則を重ねてしまい、なかなか得点を挙げることができない。レベルズも27分、相手インゴールにボールを持ち込むがヘルドアップとなり、相手ボールのインゴールドロップアウトで試合が再開。追加点を挙げることができなかった。

前半のロスタイム、レベルズは左サイドに展開してFLリチャード・ハードウィックが飛び込んだがタッチラインを踏んでいたため、TMOの末、ノートライ。

ただ、直前のプレーで球出しを遅らせていたレッズのCTBハミッシュ・スチュワートがシンビン(10分間の一時的退場)。その反則から得たPG(ペナルティゴール)をレベルズのSOトゥムーアが決め、6-0で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ