人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月14日

福岡堅樹、7人制日本代表を引退。思いを貫き、医学の道へ進む

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

6月13日、日本ラグビー協会は、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、来年に延期された東京オリンピックへ向けた男子7人制日本代表第2次オリンピックスコッドから、桑水流裕策(コカ・コーラ)、橋野皓介(キヤノン)、山内俊輝(日本ラグビー協会/リコー)の3選手、さらにトレーニングスコッドの福岡堅樹(パナソニック)とジョー・カマナ(コカ・コーラ)の計5人の離脱を発表した。

この発表を受けて翌14日、2019年ラグビーワールドカップで日本代表のトライゲッターの1人として大活躍したWTB(ウィング)福岡がWEB上で記者会見を行い、15人制男子日本代表だけでなく、男子7人制日本代表としての引退も発表した。

ただ、現役引退ではない。福岡は2020-21シーズンまではパナソニック ワイルドナイツの選手として、トップリーグでプレーすることを決めており、その後、医学の道に進む。

会見の冒頭、福岡はやや緊張した面持ちでこう話した。「私はラグビー7人制日本代表からの引退を表明します。今回このような結論にいたった理由といたしまして、やはり自分の中で、本当に後悔したくない、後悔をしない人生を行きたいという思いが一番、強かったからです。

もともとアスリートしてこの道を挑戦しようと決めたときから、ラグビー選手としての引退を考えていました。その中で今回の東京オリンピックの延期というものが囁かれ始めた時から、自分の中ではどうするかということは常に考えていました。

自分の人生の中で今まで大きな決断をした時には、必ずどの選択が一番後悔をしないだろうかということを常に考えていました。

今回の選択に関しても、やはりそれが一番大きく自分の中で影響し、この選択というものが自分にとって一番すっきりと受け入れることができるものでした。自分自身は東京オリンピックの7人制のメンバーから離れることになりましたが、残されたメンバーたちとともに同じチームメイトとして応援したい。

まだ、今回でラグビー選手としての引退というわけではありません。実際に次のトップリーグではパナソニックの一員として自分らしい最高のパフォーマンスができるように準備をしたいと前向きに検討しています。これからも応援よろしくお願いします」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ