人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年5月7日

おうちにいるなら、日本ラグビー名勝負! 明治、東芝府中、サントリーの「胸熱」ファイナル三選

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

「緊急事態宣言」が延長され、不要不急の外出を控える日々。ラグビーの試合もなく、チームとしての練習も原則できない。しかし、選手たちに話を聞いてみると「いま出来ることをするしかありません」、「再開の時により良い自分を目指して日々を過ごします」など前向きだ。過去の名勝負を見て、ラグビーの理解度を深くするのも必ず再開後に役に立つ。観戦する立場でも、過去の試合でチームの足跡を知っておけば、見える景色も違ってくる。今回ご紹介する3試合も胸が熱くなる戦いだ。


J SPORTSは、5月8日~10日、日本ラグビー名勝負!を銘打ち、「全国大学選手権2018-19決勝 天理大学対明治大学」、「日本選手権2006決勝 東芝府中ブレイブルーパス対NECグリーンロケッツ」、「トップリーグ2012-13プレーオフファイナル サントリーサンゴリアス対東芝ブレイブルーパス」の3試合を放送する。


2018年度の全国大学選手権は、絶対王者の帝京大が10連覇を狙った。しかし、関西リーグ三連覇の天理大が待ったをかける。2019年1月2日の準決勝ではFW戦で優位に立ち、29-7で快勝する。秩父宮ラグビー場は王者の完敗という衝撃的な結果にどよめいた。初優勝を狙う天理大は1月12日、決勝戦で明治大と対戦する。明治大は1996年度以来、大学王座から遠ざかり、19年ぶりの決勝戦進出だった。大学随一の人気チームの久方ぶりの躍進に、秩父宮ラグビー場は2万人超の観衆で埋め尽くされた。

結果を先に書けば、明治大の22シーズンぶり13回目の大学日本一が達成される。ただし、ラグビーの面白さが詰め込まれていた。明治大は前半22分、ラインアウトからのサインプレーでWTB高橋汰地がゴールラインを駆け抜けるなど常にリードを奪い、後半21分、HO武井日向がトライ、ゴールで22-5と点差を広げる。しかし、天理大もあきらめない。キャプテンのHO島根一磨がすさまじい闘志でチームを引っ張り、自らトライを返す。その熱いプレーは観客の心を鷲づかみにした。胸が熱くなること請け合いの試合だ。


2006年2月26日、秩父宮ラグビー場での雨中の激闘は観戦した者の脳裏に深く刻まれている。シーズン最終戦となる日本選手権決勝は、トップリーグ、マイクロソフトカップの二冠を手にしていた東芝府中ブレイブルーパス(現・東芝ブレイブルーパス)と、前年の日本選手権王者NECグリーンロケッツの戦いとなった。


東芝は黄金時代を築いた薫田真広監督、冨岡鉄平キャプテン体制4年目、NECは高岩映善ヘッドコーチ、浅野良太キャプテンが率いていた。東芝は立ってボールをつなぐ「スタンディングラグビー」、NECは鉄壁のディフェンスが強み。終盤、東芝の猛攻を止め続けるNEC。雨の中でキック戦略が主体にはなったが、集中力の高いフィジカル勝負からは目が離せない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ