人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月24日

好調Hondaの勢いは続く?リーチ先発の東芝と激突!トップリーグ第3節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ラグビー国内最高峰「トップリーグ」で、Honda HEAT(ホンダ ヒート)が存在感を増しつつある。

1961年創部で、三重・鈴鹿を拠点とする。

指揮官は2017年度就任のダニー・リーHC(ヘッドコーチ)。ニュージーランド(NZ)代表経験もある43歳の元スクラムハーフだ。

トップリーグは2009年度に初参戦したHondaだったが、1シーズンでの降格も多く、総合順位はこれまで13、13、11、16と苦戦していた。

ところが2018年度は堅守も光り、チーム過去最高の9位に躍進した。

TLスタメン Honda

そして迎えた2020年シーズン。

W杯日本大会に出場した日本代表プロップ(PR)具智元、ウイング(WTB)レメキロマノラヴァらを擁し、開幕戦でリコー(昨季8位)に28-5で勝利。

近畿大学出身のフランカー(FL)小林亮太キャプテンは初戦後、メンバー外だった選手の貢献に感謝していた。

「メンバー以外の選手達が、チームのビルドアップのために挑戦してきてくれたことで、良い仕上がりになった。最高のスタートです」

第2節はクボタ(昨季7位)に地元・三重で敗れはしたものの、スコアは21-23の熱戦だった。

2戦連続でボーナスポイントも獲得し、順位は4位(総勝点6)につけている。

そんな好調Hondaが1月25日(土)、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で激突するのが、開幕2連勝の東芝ブレイブルーパス(昨季11位)だ。

戦後間もない1948年に創部した名門は、トップリーグで5度の優勝を誇る。

近年は2016年度から順位が9、6、11と低迷しているが、今季より指揮官にNZの名門クルセイダーズなどを率いたトッド・ブラックアダーを迎えて、再起を図る。

今季は開幕戦でサントリーに26-19で競り勝ち、第2節ではNTTドコモに39-21で快勝。

スクラムハーフ(SH)小川高廣と共に共同主将を務める、W杯日本代表のFL徳永祥尭は、昨季からの変化についてこう語っていた。

「ブラックアダーHCがきて、海外でのやり方や選手発信のミーティングが増え、選手同士のつながりがある。同じ絵が見えていることが、例年より強化されています」

ブラックアダーHCの手腕は今後も要注目だ。女性ファンはそのダンディなルックスにも注目しているようだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ