人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月23日

「語り継がれるシーズンにしたい」 サンウルブズ 大久保直弥ヘッドコーチに訊く

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2016年にスーパーラグビーの参戦し、5年目のシーズンを迎えるヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ。今季限りで離脱が決まっており、今後の活動については未知数だが、スーパーラグビーという舞台がある限り、狼たちは戦い続ける。2020 シーズンのスローガンは「KEEP HUNTING」。選手、スタッフ一人一人が Hunt(チャレンジ)し続けることがサンウルブズの使命なのだ。昨年は、ラグビーワールドカップ(RWC)イヤーということもあり、ヘッドコーチもトニー・ブラウン不在の時は、スコット・ハンセンが代行を務めるなど、ヘッドコーチ、選手ともに入れ替わりが激しかった。今季はトップリーグとスケジュールが並行するという新たな難しさがある。今季の指揮を執る大久保直弥ヘッドコーチは、これをどう乗り切るのか。その意気込みを訊いた。

――ヘッドコーチ就任を引き受けたいきさつを教えてください。
「僕自身はこの2シーズン、サンウルブズのコーチングスタッフとして活動し、チームに対する愛着も感じています。姫野和樹、中村亮土、徳永祥尭、布巻峻介ら若い選手が高いレベルを経験する中で成長するのも目の当たりにしてきました。話をいただいたときは、迷わず、ぜひやらせてくださいと返事しました。

大久保直弥さん

――最後のシーズンということは、決断の妨げになりませんでしたか。
「なりませんでした。スタッフはネガティブではないし、やってやるぞという気持ちです。今年はトップリーグと日程が重なり、選手をそろえるのが難しい状況ですが、それでも日本人、外国人関係なく、サンウルブズでプレーしたいと言ってくれる選手がいます。覚悟を決めた選手に対して、僕らも中途半端なことはできません。最後だけれど語り継がれるシーズンにしたいと思っています」

――トップリーグの選手の参加が難しい中で、パナソニック ワイルドナイツの布巻峻介選手が早々にメンバー入りを発表しましたね。
「彼はパナソニックのリーダーです。悩んだようですが、それでもサンウルブズでプレーしたいと正直な気持ちを打ち明けてくれました。しかし、昨年のように大人数が入れ替わりながら戦うのであれば来る意味はないのではないかという気持ちがあったと思います。そんなことはしない。それは僕と沢木敬介(コーチングコーディネーター)で責任をもってやると話しました」

――沢木さんとはどんな役割分担になるのですか。
「ラグビーの戦術・戦略の部分は沢木中心でやります。僕は彼のアイディアが生かされるような環境を作る。それと同時にFWのところは、僕と田村義和(スクラムコーチ)で、ディフェンスについてはネイサン・グレイ(テクニカル・ディレクター)がコーチします」

――今季は初めて秩父宮ラグビー場以外でも開催されますね。
「福岡での開幕戦は我々にとってテストマッチ(国代表同士の試合)だと思って、勝つことに集中します。RWCが開催されたことで、ラグビーを見る文化、楽しみ方は醸成されつつあります。スーパーラグビーは世界一のアタッキング・ラグビーと言われます。ラグビーが盛んな福岡、大阪でそういうラグビーを見せられるのは楽しみです」

――1月25日のチャレンジバーバリアンズとの試合はどんな狙いがありますか。
「開幕戦のレべルズに対して戦い方のチェックと、チームのリーダーが誰かを見ていきたい。昨季のレベルズ戦のスタッツ(統計数値)を見ると、レベルズのボールインプレーの時間が28分から29分くらいと少ない。つまり、セットプレーが強い彼らの持ち味を出させている。まずは、サンウルブズがよく多く走ることが大事です。もちろん、闇雲に走るのではなく、蹴るべきところは蹴り、圧力をかけて、蹴らせて切り返すということです」

――対戦を楽しみにしているチームはありますか。
「サンウルブズはオーストラリアカンファレンス所属です。今回、元オーストラリア代表のネイサン・グレイがコーチングスタッフに入ってくれたのですが、彼はたくさんの情報を持っています。各チームの予想スタメンもすらすらと出てくる。対オーストラリアチームには鬼に金棒です」

――NTTコミュニケーションズシャイニングアークスのヘッドコーチだったロブ・ペニーさんは、ワラターズのヘッドコーチになりましたね。
「彼のことはよく知っています。選手の育成に定評のある人なので、その彼がスター軍団のワラターズをどんなチームにするのは興味がありますね」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ