人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月19日

豪州代表ケレビが活躍。サントリーが雪の秩父宮で今季初勝利。トップリーグ第2節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
サントリー-流大

写真:サントリー 流大

雪も舞った1月18日(土)の東京・秩父宮ラグビー場で、サントリーサンゴリアスが初勝利を挙げた。

1月12日に開幕したラグビー国内最高峰「トップリーグ」。

第2節を迎えた18日は、0勝1敗のサントリーサンゴリアス(昨季準優勝)と、1勝0敗のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス(昨季5位)が対戦。

この日は午前中から雪が降り、経験豊富な海外出身選手が「試合中に『寒い』と感じたのは初めて」(NTTコム、ジミー・トゥポウ)と振り返ったほどの寒さ。

ただ「雪の早明戦」(1987年/関東大学対抗戦)という雪が演出した名試合もあるなど、ラグビーファンをしていると一度は雪の観戦を経験してしまうもの。

この日は第2節屈指の好カードに1万5826人が集結。試合後にはかじかんだ手で拍手を送った。この日を経験した2019年W杯からのラグビーファンは、もう「にわかファン」という呼び名はふさわしくないだろう。

そのW杯に出場した日本代表では、サントリーからはスクラムハーフ(SH)の流大、フルバック(FB)の松島幸太朗が先発し、ツイヘンドリックも途中出場した。

写真:NTTコム アマナキ・レレイ・マフィ

対するNTTコミュニケーションズは、日本代表のナンバーエイト(NO8)アマナキ・レレイ・マフィ。

さらには注目の南アフリカの世界最強フッカー(HO)マルコム・マークス、そしてセンター(CTB)で先発のオーストラリア代表、クリスチャン・リアリーファノも2戦連続でスタメン。

多くのスターの競演となったが、サントリー勝利の立役者を選ぶとしたら、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いたオーストラリア代表のCTBサム・ケレビではないか。

パスに不安が残るシーンもあったが、186cm106kgの現役オーストラリア代表は、ボールを持てばゲイン。“分かっていても止められない”世界最強クラスの力を披露した。

データも裏付ける。CTBケレビのディフェンス突破数は、第2節を終えて15回でリーグ2位タイ(1位は日野のチャンス・ペニで20回)。大きな武器となっている。

午後2時キックオフの試合序盤は、NTTコミュニケーションズが規律に苦しみ、サントリーがラインアウトに苦しむという展開。

前半のNTTコミュニケーションズは「規律の部分で上手くコントロールができませんでした」(FL金正奎キャプテン)。

ただスクラムやラインアウトの安定性では上回った。

一方のサントリーは、東芝戦から中5日で規律意識の向上に取り組んだ。今季より指揮する元ジョージア代表指揮官、ミルトン・ヘイグ監督が明かした。

「先週の東芝戦は、前半だけでPKが4つありました。今週はPKを少なくしようと取り組んできて、前半のフォーカスは『PKは3つ以内にしよう』ということでした」

その結果、サントリーの前半のPKはわずか「1」。目標を達成して優位に立った。

またリアクションが遅くなる悪天候のためか、サントリーは相手反則からのクイックリスタートを連発。

前半9分にはPKからの速攻で、2023年W杯の有力候補であるCTB梶村祐介がトライ。7点を先取した。

サントリーは出足の速いディフェンスでプレッシャーを与えながら、前半41分には東海大出身のNO8テビタ・タタフがトライアシスト。

12-0とリードし、前半を折り返した。

後半6分には日本代表SO田村優の弟、田村煕のペナルティゴール(PG)成功で15-0に。

しかしNTTコミュニケーションズも速攻から反撃。

後半11分にNO8アマナキがタップから突進し、生まれた間隙に東海大卒の2年目CTB池田悠希が、鮮やかにラインブレイク。

日本代表を目指しているという24歳が存在感を放ち、後半14分にはPGも加え、NTTコミュニケーションズのビハインドは5点(10-15)に。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ