人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月18日

イングランドを率いるエディ・ジョーンズHC、母国オーストラリアと対戦。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップも今週末からいよいよ決勝トーナメントに入り、今週末は準々決勝が行われる。

10月19日(土)は大分スポーツ公園総合競技場で、プールC1位のイングランド世界ランキング3位)と、プールD・2位のオーストラリア(6位)が激突する。

エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が率いるイングランドは予選プールで、全てボーナスポイントを獲得して3連勝。

最終戦のフランス戦は台風の影響で中止となったが、いち早くベスト8進出を決めるなど、前評判通りの強さを見せている。

J SPORTS 番組情報

イングランドのメンバーはPR(プロップ)にマコ・ヴニポラが先発復帰、ケガの状態が心配されていた弟のNO8(ナンバーエイト)ビリー・ヴニポラと、ワールドカップで初めて兄弟で先発する。

BK(バックス)では、プールステージですべて先発していたSO(スタンドオフ)ジョージ・フォードがリザーブに回り、10番はキャプテンのオーウェン・ファレルが務める。

CTB(センター)はこれまで13番で出ていたマヌー・トゥイランギが12番に、13番にはヘンリー・スレードが入った。そして、決定力の高いWTB(ウィング)のジョニー・メイはこの試合が50キャップの節目となる。

ジョーンズHCは、「私たちは23人で戦うのであって、フォードが先発しないという意味ではなく、今回はフィニッシャーとして出るというだけだ。31人の優れた選手から23人を選ぶことは本当に難しい作業なのです」と語った。

また、「マイケル(・チェイカ)の率いるオーストラリアに勝つには本当に良いプレーをしないとならない」。

(デービッド・)ポーコックや(マイケル・)フーパーと対峙するにはコンテストの強いFL(フランカー)が必要」と、トム・カリーとサム・アンダーヒルの若手コンビを先発起用する理由を説明した。

自身の母国オーストラリアとの対戦について、「(現在、オーストラリア戦は6連勝中)過去の結果がほとんど意味をなさないのがワールドカップです」。

「私はオーストラリアを知っていますし、(クラブチームのランドウィック時代からの)旧友のチェイカは素晴らしい仕事をして誇りに思います。互いがコーチとしてワールドカップで戦えるなんてワクワクします」。

「それに(先日逝去したランドウィックの元コーチ)セイル・スタイルズへの供養にもなるでしょう」と話した。

また、「オーストラリアはこの1年でスクラムとラインアウトが良くなりました。さらに強くなっている」と警戒しつつも、「だが、私たちは勝つための準備をしてきました」と自信をのぞかせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ