人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月12日

フィジーを倒したウルグアイが、ウェールズに挑む 前大会ノートライの屈辱を晴らせるか ラグビーワールドカップ2019 ウェールズ vs. ウルグアイ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

台風19号による天候の悪化で試合が中止になるなど大きな影響を受けているラグビーワールドカップ(RWC)だが、プール戦はまだ続いている。10月13日(日)には、熊本県民総合運動公園陸上競技場でプールDの最終戦となるウェールズ対ウルグアイが行われる。熊本での試合も今大会はこれが最後だ。


ウェールズは、10月9日、フィジーの猛攻を受けながら、29-17という勝利で勝ち点を「14」とした。10月12日現在、プールDで首位に立つのは、3勝1敗でプール戦を終えたオーストラリアで勝ち点は「16」。すでにこの2チームの決勝トーナメント進出が決まっている。13日、ウェールズがウルグアイに勝って勝ち点「4」を加えれば、ウェールズの首位通過が決まる。その場合は、ウェールズがフランス(プールC2位)、オーストラリアがイングランド(プールC1位)と準々決勝で戦うことになるわけだ。

ウェールズは、タフな攻防になったフィジー戦から中3日というタイトな日程もあって、そのメンバーから先発15人中13名を変更した。フィジー戦に続いて先発するのは、今大会4トライをあげているWTBジョシュ・アダムズ(188cm、96kg、24歳)、突破力のあるCTBハドリー・パークス(187cm、101kg、31歳)のみだ。キャプテンのLOアランウィン・ジョーンズ、CTBジョナサン・デーヴィス、負傷退場したSOダン・ビガーは23名のメンバーに入っていない。

一方、ウルグアイは、10月5日にオーストラリアに10-45で敗れた。そのメンバーから先発で11名の変更。キャプテンのファン・マヌエル・ガミナラ(171cm、93kg、30歳)も先発する。ウルグアイの勝ち点は現在「4」。3位のフィジーは「7」で、ウルグアイがウェールズに勝てば、3位に食い込み、次大会の出場権を得ることができる。今大会でフィジーを破り、最初の番狂わせをやってのけたウルグアイの最後まであきらめない戦いを今回も見たいものだ。


  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ