人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月10日

フィジーの先制トライに大観衆熱狂 苦境乗り越え、ウェールズ3連勝で8強へ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
ウェールズ vs. フィジー

10月9日、午後6時40分、33,379人の観衆で埋まった大分スポーツ公園総合競技場にウェールズ国歌の大合唱が響き渡った。キャプテンのアラン=ウィン・ジョーンズの目が潤む。続くフィジー国歌では選手たちの決意がみなぎっていた。そして、フィジーのウォークライ「シンビ」の雄叫び。両者の表情がこの試合への重要性を物語っていた。


ジンビ|フィジー代表、大分でのウォークライ|ラグビーワールドカップ2019

午後6時47分、試合はフィジーのキックオフで始まった。序盤はフィジーの攻撃力が観客を魅了する。ウェールズのキックをキャッチして逆襲すると、タックルされながらオフロードパスでディフェンスを破り、前半3分、ウェールズゴールライン手前5mの右中間スクラムを得る。ここからの攻撃はシンプルだった。右ショートサイドにいたWTBチョスア・トゥイソヴァにパスをし、個人技で勝負。トゥイソヴァは、ウェールズWTBジョシュ・アダムスを弾き飛ばし、SOダン・ビガーのタックルをすり抜け、FLジョシュ・ナヴィディのタックルを受けながら右コーナーにボールを押さえる。観客の度肝を抜くパワフルなトライで、5-0とした。

7分、ウェールズのHOケン・オーウェンスが危険なタックルでシンビン(10分間の一時退場)となり、さらにフィジーが勢いづく。8分、ラインアウトからの連続攻撃でFBキニ・ムリムリヴァルが右コーナーにトライし、10-0。2トライともSOベン・ヴォラヴォラのゴールが不成功だったのはフィジーにとって痛かった。さらに攻めたいフィジーだったが、ラインアウトのボールをミスで確保できず、16分には、LOテヴィタ・ザヴンバティがラックへのショルダーチャージでシンビンとなる。規律の問題が、フィジーの勢いを止めてしまった。

対するウェールズは、9月29日、オーストラリアとの死闘を29-25で制し、プールD1位での準々決勝進出に大きく前進した。優勝候補の実力を証明したわけだが、フィジーは少しでもスキを見せればトライを獲ってくる怖い相手だ。スクラムなどFW戦で圧力をかけ、フィジーを窮屈な状況に追い込みたい。オーストラリア戦で25タックルを決めたLOアラン・ウィン・ジョーンズ(198cm、121kg、34歳)がキャプテンとして攻守にチームを引っ張り、ボール争奪戦でも活躍するだろう。


17分、ウェールズは、フィジー陣22mライン付近のラインアウトから連続攻撃。SOダン・ビガーのキックパスをWTBジョシュ・アダムズがキャッチしてトライ。ビガーがゴールを決めて、10-7とする。20分過ぎからはウェールズがフィジーゴールに迫り、一人少ないフィジーに対してスクラムでもプレッシャーをかける。フィジーの強烈なタックルに時間はかかったが、30分、アダムズが左コーナーにトライし、ビガーが難しいゴールも決めて、10-14と逆転した。一連の攻防の中でフィジーFLセミ・クナタニがチームとしての反則の連続でシンビンとなり、再びフィジーは14人となる。加えて、経験豊富なCTBレヴァニ・ボティアが負傷退場となり、さらに苦しい戦いとなった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ