人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月8日

上り調子のフィジーが優勝候補に挑戦 魔法のようなトライはいくつ生まれる? ラグビーワールドカップ2019 ウェールズ vs. フィジー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
FILIPO NAKOSI

10月9日、大分スポーツ公園総合競技場では、プールDの注目カード「ウェールズ対フィジー」が行われる。プールDは、10月8日現在、2勝1敗で勝ち点11のオーストラリアが首位に立ち、2勝で勝ち点9のウェールズが2位、フィジーは1勝2敗の7点で3位となっている。あと2試合を残すウェールズの1位通過が濃厚だが、フィジーがここで番狂わせを起こせば、オーストラリアが1位通過する可能性も出てくる。


大会前、多くの識者が話していたのは「番狂わせを起こせるのは、日本かフィジー」ということ。日本代表は期待以上の活躍をしているが、フィジーは世界ランキングでは下位のウルグアイに敗れ、期待外れのパフォーマンスになっている。これは、オーストラリア戦とウルグアイ戦の間が中3日しかなく主力を休ませたのも敗因だった。10月3日のジョージア戦ではようやく本領を発揮。奔放なパス、ランで45-10という快勝。ベストメンバーを組み、上り調子でウェールズに挑戦する。

キャプテンのFLドミニコ・ワンガニンプロトゥ(195cm、114kg、33歳)、FLセミ・クナタニ(193cm、107kg、28歳)は攻守に運動量豊富に動き回り、SOベン・ヴォラヴォラ(191cm、91kg、28歳)が巧みなキック、パスでスピードあるBKラインを走らせる。セミ・ランドランドラ(188cm、100kg、27歳)、チョスア・トゥイソヴァ(180cm、108kg、25歳)の両WTBの決定力はウェールズには脅威だ。フィジーは、2007年のラグビーワールドカップ(RWC)のプール戦でウェールズに38-34で勝ち、決勝トーナメントに進出したことがある。フィールドを広く使って自由奔放に走り回り、選手たちに笑顔があふれる展開になれば、フィジーペース。各選手の持つ個人技を存分に披露したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ