人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月27日

イタリア2連勝、カナダ前大会のリベンジならず「イタリア vs. カナダ」レビュー。ラグビーW杯日本大会

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
イタリアvs.カナダ

東平尾公園博多の森球技場(福岡県)での初試合は、9月26日、午後4時45分より行われた。プールBのイタリアとカナダは、1万6984人で埋まったスタンドからの大歓声に迎えられた。初の決勝トーナメント進出を狙うイタリアは、9月22日、ナミビアに47-22で快勝スタートを切ったが、そこから中3日というタイトな日程になったこともあり、先発を10名入れ替えた。一方のカナダはこれが初戦。前大会ではイタリアに5点差で惜敗しており、今度こその意気込みでキックオフを迎えた。

試合はイタリアSOトンマーゾ・アランのキックで始まった。前半2分、アランのPGでイタリアが先制し、序盤の主導権を握る。7分、NO8エイブラハム・ユルゲン・ステインがカナダゴール前のスクラムからサイドアタックを仕掛けて、そのままトライをあげ、10-0とリード。12分には、LOディーン・バッドのトライで17-0とリードを広げた。本来のキャプテンであるNO8セルジョ・パリッセが欠場し、代わってキャプテンを務めたバッドのトライで勢いづくイタリアが得点を重ねるかと思われた。

しかし、ここからカナダが反撃に出る。17分、NO8タイラー・アードロンがディフェンスを突破し、FLマット・ヒートンにパスが渡ればトライのシーンで、わずかにタイミングが合わず、ヒートンがボールを落としてしまう。その後も波状攻撃を仕掛けるカナダは、CTBベン・ルサージュ、WTBのDHT・ファンデルメルヴァらが次々にゴールラインに迫るが、ことごとく最後にボールが手からこぼれ落ち、トライまで至らなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ