人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月5日

最多10度目の優勝か? 加入4年目での初優勝か? スーパーラグビー2019ファイナル 見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
クルセイダーズvs.ジャガーズ

いよいよスーパーラグビー2019はファイナルを迎える。7月6日(日本時間16:35)、ニュージーランド(NZ)南島のクライストチャーチのオレンジセオリー・スタジアムでの開催。対戦するのは、レギュラーシーズン総合1位のクルセイダーズ(NZ)と、総合2位のジャガーズ(アルゼンチン)。今季をリードした2チームが相まみえる。

準決勝で、オーストラリアのブランビーズを39-7で下したジャガーズは、そのメンバーから先発で3名の変更をしてきた。21歳の左PRマイコ・ビバスに代えてアルゼンチン代表50キャップのナウエル・テタス・チャバロ、好調のWTBセバスティアン・カンセジエレからアルゼンチン代表39キャップのラミロ・モヤノと経験豊富な選手を入れ、オープンサイドFLについては、188cm、105kgのFLトマス・レザーナから、195cm、115kgのマルコス・クレメールと大型化した。ビバス、カンセジエレ、レザーナはリザーブに回る。また、36歳のベテランFLファン=マヌエル・レギサモン(アルゼンチン代表85キャップ)もリザーブ入り。「不可能なことはない。我々は勝つためにここに来た」(HOアグスティン・クレーヴィー)。まさに必勝態勢の布陣だ。

対するクルセイダーズは、準決勝でハリケーンズ(NZ)を30-26で破ったが、激闘のなかで2名の負傷者が出た。抜群の運動量を誇るLOスコット・バレットと、BKラインの要であるCTBライアン・クロッティである。バレットは人差し指の付け根、クロッティは親指、の骨折が判明。これにより、アウトサイドCTBのジャック・グッドヒューがインサイドCTBに移動し、アウトサイドには、ザ・ラグビーチャンピオンシップに臨む同国代表オールブラックスのスコッドに初選出されたブレイダン・エンノーが入ることになった。バレットの代役は、23歳のミッチェル・ダンシェが務める。バレット、クロッティの不在はクルセイダーズの不安材料だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ