人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年8月17日

世界最強4カ国による戦いが開幕!ザ・ラグビーチャンピオンシップ 第1節の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
ザ・ラグビーチャンピオンシップ

8月18日(土)、2018年のザ・ラグビーチャンピオンシップ(TRC)が開幕する。TRCは、ニュージーランド(NZ)、オーストラリア(AUS)、南アフリカ(SA)、アルゼンチン(ARG)によって行われる南半球最高峰の国代表選手権だ。昨年は各チームとホーム&アウェイで戦い、NZが6戦全勝で15度目の王座に就いた。NZの全勝優勝は2年連続で、この無敵の王者に土をつけるチームが現れるのかどうかは今年の大きな見どころだ。

最初に対戦するのは、タスマン海をはさんだ隣国同士のNZ代表オールブラックス対AUS代表ワラビーズ。シドニーのANZスタジアムで午後7時45分(現地時間)にキックオフされる。この試合は、両国による伝統の定期戦ブレディースローカップも兼ねる。1930年代にニュージーランド総督であったブレディスロー卿がカップを寄贈したことでその名を冠するようになった。今年は、10月27日に横浜の日産スタジアムで行われるので日本のファンの皆さんの関心も高くなるだろう。日本で行われる試合も含めて、両国は今年3試合を行い、勝ち越したチームにカップが渡ることになる。2003年からはオールブラックスがカップを保持し続けているが、昨年10月21日には23-18でワラビーズが勝っている。はたして、ワラビーズがホームの今回はどうなるか。

オールブラックスは、109キャップのNO8キアラン・リードがキャプテン。PRは、オファ・トゥウンガファシが怪我のため、ティム・ペリーがリザーブ入り。もし、出場すれば、30歳でのテストマッチ(国代表同士の試合)デビューとなる。アウトサイドCTBには先発2試合目となるジャック・グッドヒューが入った。クルセイダーズでもコンビを組むライアン・クロッティと12、13番で並ぶ。グッドヒューは安定感あるプレーが売りだが、来年のラグビーワールドカップに向かってオールブラックス定着をアピールできるか。

LOサム・ホワイトロックはこの試合でNZ史上8人目の100キャップを獲得する。久しぶりに代表復帰のブロディー・リタリックと47試合目のLOコンビでの登場だ。誰が10番を背負うのか注目されていたが、スーパーラグビーを制したクルセイダーズのリッチー・モウンガではなく、ボーデン・バレットが先発する。モウンガの台頭もあり、2年連続世界最優秀選手の実力を見せつけたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ