人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年7月27日

カンファレンス1位同士の戦いは僅差勝負になるだろう ライオンズ vs. ワラターズ スーパーラグビー準決勝の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
ライオンズvs.ワラターズ

スーパーラグビー準決勝第2試合は、7月28日、日本時間の午後10時5分より南アフリカ共和国のヨハネスブルグで行われる。オーストラリアカンファレンス1位のワラターズを迎え撃つのは、南アフリカカンファレンス1位で2年連続準優勝のライオンズ。悲願の初優勝に向かってあと2試合のところまできた。ホームで負けられない思いが強いだろう。

そのライオンズは、準々決勝でアルゼンチンのジャガーズに、40-23で快勝した。ジャガーズの猛攻を的確なタックルで食い止め、HOマルコム・マークスがインターセプトから独走トライをあげるなど少ない手数で着実に得点を伸ばした。スクラムで圧力をかけるなど、安定したセットプレーで優位に立ち、SOエルトン・ヤンチースからのキックパスでWTBルアン・コンブリンクがトライをあげるなど、多彩な攻撃も見せた。クボタスピアーズでプレーしたCTBライオネル・マプー、パナソニック ワイルドナイツ入りが決まったCTBハロルド・フォスターがチャンスを作り、抜群のスピードを誇るWTBアピウェ・ディアンティ、コンブリンク、FBアンドリース・クッツェーを走らせる。

FWも強力だ。キャプテンのNO8ウォーレン・ホワイトリー、HOマルコム・マークスの体調も万全になり、体を張ったプレーでチームを引っ張る。特にマークスは、セットプレーの要になるだけではなく、ボールを持って走っては今季9トライ、守りでも相手ボールを奪うターンオーバーを連発し、試合の流れを引き寄せる。現在、世界最高のHOだろう。このパワフルFWが勢いづけば、ワラターズといえども止めるのは難しい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ