人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年7月20日

いよいよトップ8によるプレーオフ開幕!スーパーラグビー 準々決勝の見どころ(その2)

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

スーパーラグビー2018プレーオフの準々決勝は7月20日、注目のハリケーンズ対チーフスのニュージーランド(NZ)対決から始まる。前回のコラムで先に行われる2試合について書いた。今回は、第3試合のワラターズ対ハイランダーズ、第4試合のライオンズ対ジャガーズを紹介したい。

イズラエル・フォラウ

ワラターズのイズラエル・フォラウは今シーズンのハイランダーズ戦で2トライで勝利に貢献

7月21日、シドニーでは、オーストラリアカンファレンス1位のワラターズが、NZカンファレンス4位のハイランダーズを迎え撃つ。両者は5月19日に対戦し、ワラターズが41-12で快勝している。この試合ではワラターズの攻撃力が上回り、WTBタンゲレ・ナイヤラヴォロ、FBイズラエル・フォラウが2トライずつをあげた。しかし、今回も同じように行くとは考えにくい。総合順位ではハイランダーズが下だが、ワラターズをひとつ上回る10勝をあげており、オーストラリアで行われた最近10試合で8勝と、アウェイを苦にしていない。ワラターズも今季はブルーズ、クルセイダーズ、チーフスのNZ勢に敗れており、今回は僅差勝負になりそうだ。

ワラターズは、最終節から先発で1名の変更のみ。右WTBで23歳のアレックス・ニューサムが出場する。この他のBKラインはSOバーナード・フォーリー、CTBカートリー・ビール、WTBナイヤラヴォロ、FBフォラウなどベテランが並ぶ。前節、キープレーヤーを休ませたハイランダーズは、SHアーロン・スミス、FBベン・スミス、NO8ルーク・ホワイトロックらのオールブラクスが戻った。互いに万全の布陣での戦いだ。ハイランダーズとしてはワラターズに対して、スクラム、ラインアウトのセットプレーの獲得率をいかに上げることができるかが勝利のカギだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ