人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年5月24日

「チーム」としての強さを見せてもらいたい レベルズ vs. ヒトコム サンウルブズ プレビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
サンウルブズ

サンウルブズは香港の地でチーム初の連勝を達成し、オーストラリア遠征に向かった

劇的な逆転勝利で史上初の2連勝を飾ったサンウルブズは、香港からオーストラリアに移動し、5月25日(金曜)、オーストラリアカンファレンス2位のレベルズと対戦する。レベルズとは、今季第3節(3月3日、秩父宮ラグビー場)に対戦し、17-37で敗れている。序盤戦好調だったレベルズに対し、サンウルブズは組織プレーに難があり、簡単なサインプレーでディフェンスを破られた。この試合では、初の連勝の立役者となったヘイデン・パーカーがディフェンスの際に足を痛め、長期の戦線離脱を余儀なくされている。

アマナキ・レレイ・マフィ

日本代表にも選出されたレベルズのアマナキ・レレイ・マフィの存在はサンウルブズにとって脅威となる

昨季は1勝に終わっていたレベルズは大量の選手補強もあって、今季5勝6敗の勝ち点25。31点の首位ワラターズを追いかけている。日本代表のアマナキ・レレイ・マフィはボールキャリアーとして目覚ましい活躍で、165回のキャリー(ボールを持って突進した回数)はスーパーラグビー全選手中1位。ゲインした距離を表す「キャリーメーター」も889mで3位だ。6月の日本代表戦に帰ってきてくれるのは頼もしい限りだが、サンウルブズにとっては脅威である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ