人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年5月15日

今シーズン初勝利からチーム初の連勝を狙いたい ヒトコム サンウルブズ 対 ストーマーズ プレビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
ホセア・サウマキ

サンウルブズはホセア・サウマキの活躍などで前節に初勝利をあげ香港の地に向かう

今季初勝利をあげたサンウルブズは、つかの間の喜びに浸ったが、休む間もなく次節のストーマーズ戦のため、5月16日、香港へ出発した。19日の戦い場となるのは旺角大球場(モンコックスタジアム)である。香港九龍旺角にあり、陸上トラックのない球技場で約6,600人収容のコンパクトなスタジアムだ。両チームのサポーターは迫力のぶつかり合いを間近で観戦できる。好試合になれば、大いに盛り上がるだろう。

サンウルブズのレッズ戦勝利の理由は、さまざまだが、なによりディフェンスのレベルアップが大きい。ニュージーランド遠征でのクルセイダーズ(第10節)、ハリケーンズ(第11節)との2試合では、昨年の王者と一昨年の王者に対して、攻守にプレッシャーをかけることができていた。鉄壁のディフェンスを前に勝つことはできなかったが、トライチャンスを何度も作ることができた。レッズとの試合ではさらにプレーの精度が上がっていた。堀江翔太はレッズ戦のディフェンスについて、試合後、こうコメントしている。「しっかり顔を上げて前向いて、枚数が合うように。外からのコールで、自分は前に出るのか残るのか、その判断もしっかりするようにしました。なので、相手に余られるシーンもあまりなかったかと思います。ボールに対して2人で入るということも意識しました」。

スーパーラグビー参戦3シーズン目にして初の連勝を狙いたいが、目標達成は簡単ではない。ストーマーズは、南アフリカカンファレンスで最下位だが、ここまで5勝7敗で勝ち点は「23」。同カンファレンスは、ライオンズが勝ち点「31」で首位を走るが、2位のジャガーズ、3位ブルズ、4位シャークスが勝ち点「24」で並んでおり、大混戦だ。つまり、ストーマーズにもプレーオフ進出の可能性は残されており、サンウルブズに対しても必勝態勢で臨んでくるということだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ