人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月10日

【フォーミュラE第9戦モナコ/プレビュー】2年ぶりの開催!モナコEマイスターのブエミ勝利なるか?

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

ついに8人目のウイナーが誕生した「FIAフォーミュラE選手権」はモータースポーツの聖地、モナコへ。シーズン5(2018年〜19年)の第9戦はモナコ公国のモンテカルロ市街地コース(約1.8km)で開催されます。今回も「J SPORTS」では5月11日(土)に予選、決勝共に生放送でお送りします。

さて、前回の第8戦・パリは「フォーミュラE」史上に残る波乱のレースとなりました。まず、チームのベースとしてはホームレースである「日産」(=e.dams)の2台が予選でフロントローを独占。ルーキーのオリバー・ロウランド(日産)が今季唯一となる2度目のポールポジションを獲得しました。いよいよ日産の初勝利なるか、という期待が(今回も)高まったのですが、(今回も)日産ファンにとっては涙、涙の結果になってしまいました。

ポールスタートのオリバー・ロウランド(日産)は序盤にクラッシュ。そしてセバスチャン・ブエミ(日産)もトラブルによりトップから陥落と、今季の日産は予選の速さをレースに活かしきれていません。今季の「フォーミュラE」はポールトゥウインは開幕戦のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW)の1例しかなく、シリーズ発足以来最も激しい戦いのシーズンになっているとはいえ、日産は常に上位グリッドからのスタートを勝ち取っていますから、チームランキング7位というのは何とも残念としか言いようがありません。

前戦・パリでは日産以外にも悲劇が。レース中に雨が降ってくることになり、クラッシュ続出の大波乱のレースになりました。実は雨がらみのレースは5シーズン目を迎えている「フォーミュラE」ですが、初めてのこと。ある意味、新鮮な光景でしたが、全ドライバーが初めて経験する超スリッピーコンディションでミスを連発。ロビン・フラインス(ヴァージン)だけがミスすることなく、トップを守りきって初優勝を飾りました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧