人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2022年3月16日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:松脇圭志(三遠ネオフェニックス #14)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

松脇圭志(三遠ネオフェニックス #14)

富山グラウジーズから三遠ネオフェニックスに移籍した今季、松脇圭志は攻防両面でチームに欠かせない存在になっているのは、22.5分という平均出場時間がチームの日本人選手で最長ということでも明らか。高校時代にディフェンスをレベルアップさせ、ウイングでプレーする外国籍選手とのマッチアップでも負けないフィジカルの強さを3x3での経験で身につけたことが、B1選手として活躍できる礎になっている。持ち味であるシュート力を武器に、今季の松脇は得点面での貢献度を上げたいという思いを込めて、残りのシーズンに挑むつもりだ。(3月14日の練習後に取材)

Q 三遠への移籍1年目はチームとしてなかなか厳しいシーズンになっています。シーズン途中のヘッドコーチ交代は自身初の経験だと思いますが、この変化が起きたことによってもたらされたプラス材料はありますか?
「去年始まったときからディフェンスのチームという話をしていたんですけど、考え方というのが僕を含めて変わってきたところが一番です。ディフェンスのチームと言っても点を取られていることが多かったので、その部分を改善していこうという意識を変えていけたかなと思います」

Q 今の三遠は特別指定選手を含める7人が25歳以下です。この世代が今後のチームを引っ張っていかなければならないと思いますが、チーム内での競争レベルをあげることの重要性を実感しながら過ごせていますか? 言える範囲で何かエピソードがあれば、教えていただけますか?
「練習中からバチバチやっているところが一番だと思います。ファウルになるときもありますけど、そのくらいのレベルで自分たちフォワード陣だったり、ガード陣もディフェンスのプレッシャーをかけているので、すごくいいことだと思っています」

Q 昨季富山グラウジーズでチャンピオンシップを戦った経験を持っていることからすれば、1年目でも自分がよりチームを牽引しなければという思いはありますか?
「去年は本当に周りにやってもらっていたという感じが強かったので、今回は僕がやらなければいけないと思うことも多くあります。僕がもっと攻めたほうがいいということを周りからも言われるので、その部分は去年より遥かに意識してやっています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ