人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2022年1月19日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:福澤晃平(茨城ロボッツ #2)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

福澤晃平(茨城ロボッツ #2)

キャリア初となるB1シーズンを過ごしていても、福澤晃平は持ち前のシュート力を武器に一貫性のあるパフォーマンスで茨城ロボッツに貢献している。それは平均11.7点、3P成功率38.9%という数字を見れば明白。177cmの身長ながらも、一瞬でも打てるタイミングを見つければ、しっかり決める力を持っている。タフショット・マスターと呼ばれたりしているが、自身はチームとしてしっかりオフェンスを遂行したうえで決めたいという思いが強い選手だ。(1月15日取材)

Q B2から昇格して迎えたB1での1年目、自身とチームのパフォーマンスについてどのような印象をお持ちですか?
「開幕戦は秋田(ノーザンハピネッツ)さんとやらせてもらって、ディフェンスの強度とかリバウンドに来るとか、一つ一つのプレーの質というか強さというのが全然、自分たちの練習でそこまでのレベルでできていなかったので、たぶん面を食らってしまってすごい大差(63対84、57対83)で負けてしまいました。徐々に試合をやっていくうちに少しずついい意味で慣れてきて、チーム的に対応できているのかなと思います。戦績的にはあまり勝てていなくて、接戦になったときに勝ちきれない試合が結構ありました。どういうゲーム運びだったり、最後どういうプレー選択するかをチームとしてもう少し突き詰めていけば、接戦をモノにする試合も多くなってくるはずなので、そこをどうやって勝ち切るかをもっと突き詰めていきたいと思います」

Q 6連敗スタートとなった今季ですが、三遠ネオフェニクス戦でようやくB1初勝利を手にしました。その時にどんな心境になっていましたか?
「谷口(大智)選手が秋田時代にB2から昇格したとき、B1でやられた話とかをよくしてくれました。接戦を勝てなかったり、なんでこのゲームを落としてしまうのかというのが結構続いたというのをよく聞いていて、“いつ勝てるんだろう”って自分の中でも本当に毎試合勝ちたい気持ちでやっていたんです。いつ勝てるんだろうというところで、幸いにもホームでB1初勝利ができたのは本当に…、昨シーズンは6連敗をしたことがなかったので、やっと勝てたという感じです。あと、ホームで茨城の皆さんの前で勝てたのがすごくうれしかったです」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ