人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月7日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ #8)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ #8)

名古屋ダイヤモンドドルフィンズでのキャリアは6年目を迎え、日本代表としても欠かせない戦力として奮闘中の張本天傑。今季からチームを率いるショーン・デニスコーチのシステムがフィットしていることもあり、今季は攻防両面で活躍の機会が増えている。また、チームのいいカルチャーを理解し、チームメイトたちに伝えていくということでも貴重な存在だ。また、自身で張本天傑シートを企画実現させるなど、プレー以外の活動にも積極的な選手である。(12月5日の島根スサノオマジック戦後に取材)

Q (9勝7敗という成績の)今シーズン、ここまでのチームのパフォーマンスについてどう思いますか?
「本当に毎試合毎試合よくなっているという感じはしています」

Q ショーン・デニスコーチはシーホース三河戦に勝った後にチームのカルチャーを変えると言っていたのですが、何を変えようとしているのか? もしくはすでに何か変わったこととかはありますか?
「僕らが代表から帰ってからロバート(ドジャー)が加入してくれて、一番最初にチームで指示が出される前にやったことは、チームとしてのカルチャー、そしてポジションとしての役割、チームとしてのルールをもう1回最初から確認して…。そんなにやることは変わっていないんですけど、最初からチームとしてやってきたことをいかに徹底してやれるか、それが毎試合毎試合キーになってくる。どの試合に対してもチームのルールに関してはミスがありますし、そこを突き詰めていかないともっと成長できないと思っています」

Q 外国籍がスコット・エサトンのみという状況で三河に勝ったことは、チームがいい方向に進むきっかけになりそうですか?
「やはり、前の試合(79対91で敗戦)があまりよくなくて、自分たちのやるべきことができなかった。日曜日の試合はコティ(クラーク)が残念ながら出場できないということを試合前に僕らも知らされたので、本当にやるしかないいう感じで…。もちろん、ちゃんと個人個人、一人一人がチームとしての役割をしっかり徹底できたので、いい結果になったと思います」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ