人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年10月7日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:渡辺竜之佑(サンロッカーズ渋谷 #16)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

渡辺竜之佑(サンロッカーズ渋谷 #16)

Bリーグ最初のシーズン、専修大4年生時に特別指定選手として琉球ゴールデンキングスに入団した渡辺竜之佑は、今シーズンがB1の選手として6年目、サンロッカーズ渋谷でのキャリアが今季で3年目を迎えた。バックアップのポイントガードとして計算でき、リバウンドでも強さを発揮できるチームに欠かせない貴重な戦力。名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの初戦が15分で6点、4リバウンド、2戦目が2点、2リバウンドというスタッツだったが、数字に現れない部分での貢献は計り知れない。(10月5日取材)

Q 名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの開幕戦は、ホームで2連勝を飾りました。この2連戦で感じたことを話してもらえますか?
「名古屋さんはアウトサイドのシュートがいいチームですけど、自分たちのハードなディフェンスを最後までやり続けたことで勝てたと思います」

Q 山内盛久とチャールズ・ジャクソンが移籍しましたが、今季のチームはメンバー構成がほとんど変わっていません。天皇杯優勝を経験した一方で、リーグ戦は昨季のCSクォーターファイナル進出がベストです。各チームとも戦力強化を図ってきた中で、渋谷がB1の頂点に近づくために必要なことはどんなことでしょうか?
「やはりディフェンスとリバウンドですね。リバウンドをとってから得点できれば、チームに勢いつくというのがあると思います」

Q 2020年に天皇杯制覇を経験したことで得たものとは?
「強豪との対戦になると、以前は緊張することもあったのですが、天皇杯で優勝してからは、そういったことがなくなったという自信ですね」

Q 専修大4年生の時に特別指定選手で琉球ゴールデンキングス入りし、その時の指揮官だった伊佐勉コーチは渡辺選手と同じ沖縄県出身。そういった縁が、新潟アルビレックスBBから渋谷に移籍した理由の一つだったのですか?ポイントガードをやってほしいと言ってきたのも伊佐コーチだったと思いますが…。
「そうですね。短い期間でしたけど、特別指定の時は…。その時にとてもいい経験をさせてもらったのと、もう1回ポイントガードをやってみたかったので、(渋谷に)行きました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ