人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年5月19日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:細川一輝(京都ハンナリーズ #29)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

細川一輝(京都ハンナリーズ #29)

今季京都ハンナリーズに入団し、群馬県にある上武大学出身として初のB1選手となった細川一輝。ルーキーながら全試合出場を果たしただけでなく、大学時代の持ち味だった得点力でチームの勝利に貢献していた。5月18日の午後、一関工業高校時代に全国大会の出場経験がなく、大学のキャリアも関東の3部でスタートしながらも、2部で2年連続で得点王という実績を作ったことでBリーグ入りのチャンスをつかみ、京都で即戦力として活躍した細川に話を聞いた。

Q 43試合先発するなどルーキーながら57試合すべて出場した今季を振り返ると、どんな印象をもっていますか?
「個人としてはすごく成長できたシーズンだなというのもありますし、チームとしても出だしが苦しい状況でしたけど、試合をしていく中でだんだんやりたいというところを出すシーズンだったと思います」

Q 4月10日の広島ドラゴンフライズ戦で7本すべての3Pを成功させるなど、自己最多となる25点を記録しました。自分がB1で通用すると感じたのはいつぐらいからですか?
「最初、練習の中でも自分はB2の群馬から来たというのもありましたし、不安もあったんですけど、やってみてオフェンス面でも通用する部分は少しずつ感じていたので、そこまで全然通用しないという感じは最初から持っていなかったです」

Q プロ入りする前から自信があったのですか?
「そうですね、オフェンス面は自分的に自信があったところであります」

Q シーズンの最後にプレーした沖縄アリーナの印象は?
「本当に最高でしたね。すごくいい雰囲気でしたし、こういう体育館(アリーナ)がいっぱいできてきたら、もっと盛り上がるんじゃないかなと感じました」

Q 先週末から始まったチャンピオンシップはどんな思いで見ていましたか?
「正直、チャンピオンシップ(の舞台)に立ちたいなというのがありましたし、それが一番強かったですね。自分もシーズンが終わってからもっと試合がしたいというのがありましたので、自分も早く出たいなと思いながら見ていました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ