人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年11月10日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:納見悠仁(新潟アルビレックスBB #21)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

納見悠仁(新潟アルビレックスBB #21)

高校時代に八村塁(ワシントン・ウィザーズ)のチームメイトとして、明成のウィンターカップ3連覇に大きく貢献した納見悠仁。青山学院大から島根スサノオマジックの特別指定選手として昨季Bリーグデビューを果たし、今季は新潟アルビレックスBBのコンボガードとして奮闘している。川崎ブレイブサンダース戦でプロとして初めてのダブルダブルを記録するなど、試合を重ねるごとに自信をつけ、活躍の機会も増えている。宇都宮ブレックスとの2連戦を目前にした11月6日の午後、納見に話を聞いた。

Q 新潟の一員としてホームゲームを戦う中で、雰囲気やファンのサポートといったことなど、ここがすごくいいなと感じる部分は?
「ホームでやっていても、応援してくれる皆さんは熱く、負けていても声を出せなくても(ハリセンなど)叩けるものを叩いてと、すごく大きな応援があると感じました。負けていても応援に来てくれるのはありがたいです」

Q シーズンの6分の1を終えて、チームの現状をどう捉えていますか?
「3勝7敗と負け越していて、負け方の悪い試合、得点を離されてしまったのもあるし、勝てる試合だったのにひっくり返されて負けてしまったりというところがあった。勝てる試合を勝ち切らないと上位には今後食い込めないと思うので、勝ち切れる試合をしっかり勝ち切るためのチーム力、チームとしてのバスケットボールをやっていかないと感じました」

Q 滋賀レイクスターズとの2戦目以降、アグレッシブに攻める姿勢とゲームメイクのバランスが良くなっている印象があります。新潟での役割がはっきりし、持ち味を発揮しやすい環境になっていますか?
「積極的に攻めて、1番(ポイントガード)だからといってゲームメイクだけというのは、自分が思い描いているものではない。点を取れてゲームも作れるということを意識してやるというのは、自分の中で今思い描いていることを少しずつ表現できてきています。シーズンの入りはうまくいかなかったんですけど、しっかり気持ちを切り替えてやることができているので、そこを続けていけたら結果に、次につながるんじゃないかと思います」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ