人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年10月16日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:橋本竜馬(レバンガ北海道 #0)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

橋本竜馬(レバンガ北海道 #0)

レバンガ北海道で2年目を迎える今シーズン、橋本竜馬は昨シーズンと違って心身両面でいいコンディションで開幕を迎えた。宮永雄太新ヘッドコーチが目指すハードなディフェンスの遂行という点で、橋本のプレースタイルは見事にマッチする。長年武器としてきたアグレッシブなディフェンスに加え、ゲームを組み立てる司令塔として成長することにも貪欲。激戦続きの東地区で北海道が勝利を積み重ねるうえで、シーホース三河時代にNBLや天皇杯の頂点を経験している橋本のリーダーシップはチームに欠かせない。

Q アウェー4連戦を2勝2敗で終えました。チームとしてのパフォーマンス、結果についての印象を話していただけますか?
「名古屋との開幕戦で大敗したんですけど、自分たちのバスケットをやろうとしてうまくいかなかったことによる結果ですから、僕たちの中で解決していかなければことなんじゃないのかなと1試合目で感じました。2試合に臨んだとき、選手一人一人がコーチの出したことに対してしっかりとしてエクスキューション(遂行)をできたんじゃないかなと思うので、それが結果として勝利できたことが次の富山戦にもつながったと思いますし、今のチームの状況としてはいいのかなと」

Q 宮永新コーチが一番重視していることが何で、現時点でどのくらいの遂行レベルにあると感じていますか?
「やはり40分間のハードディフェンス、オールコートということを今シーズンやり続けるということをおっしゃっていますので、そこに対して、さっきの答えを被ってしまうんですけど、富山戦に関しては自分たちの中でできていなかった部分が多かったなという印象が僕の中であるので、本当に1試合1試合で変わっていくところがまだまだ若いチームなので、そこを60試合の中で常にやり続ける、どんな状況でも僕たちが他の方が見ても、そして他のチームが見ても『レバンガはこういうチームだよね』という風に(思われるよう)やっていかなければいけないなとすごく感じています。それを1シーズンで作っていかなければという使命感はあります」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ