人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年10月15日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:長谷川暢(秋田ノーザンハピネッツ #21)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

長谷川暢(秋田ノーザンハピネッツ #21)

早稲田大学時代から特別指定選手としてBリーグを経験し、B1は今シーズンで3年目を迎える長谷川暢。能代工業高出身で秋田との縁も強いガードは、スターターとしてチームの開幕4連勝に大きく貢献している。プレシーズンで前田顕蔵コーチからの信頼度を勝ち取り、ディフェンスだけでなくオフェンスでも存在感を示す機会が増えるなど、チームに欠かせない選手に成長している長谷川に話を聞いてみた。

Q 開幕からアウェー続きながら4連勝でホームに戻りました。プレシーズンから着実にチームが成長している感がありますけど、自身はどのように感じていますか?
「今シーズン(新型)コロナ・ウィルスの影響で外国籍選手の合流が遅れたり、トラブルはあったんですけど、その中でハピネッツとしては日本人選手が攻めるということをヘッドコーチから言われて、積極的にチームの形を作っていく中で日本人が中心となってやっていたので、スムーズにゲームに入ることができました。すごくチームとしてもコミュニケーションを多くとって、調子がいい状態で迎えられたのがよかったのかなと思います」

Q 今シーズンは開幕から先発を任されています。プレシーズンのいつごろ先発で起用されるかもと感じましたか?
「今シーズンに限って若手選手を使っていこうとヘッドコーチから言われていて、正直プレシーズンのときはお試しで使われているのかなというような形だったんですけど、その中でスタートダッシュがいいゲームが多かったので、信頼を勝ち取るのもそうですけども、ディフェンスであまり波がなかったので、自分自身はすごくいい形でゲームに入れているのかなと思います」

Q 4連勝という結果が出ているので、前田コーチからの信頼度も上がっているという感触はありますか?
「そうですね。何かつかんだなというのも少しありますし、正直昨シーズンはゲームに出る機会も少なかったので、自分のよさをやっと出せるようなチームのシステムだったり、今シーズンは2番ポジション(シューティングガード)で結構起用していただいているんですけど、自分のよさを全面に出そうと思ってコートに立っています」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ