人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年3月18日

金丸晃輔、並里成、橋本拓哉 筆者独断による Bリーグ 今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★★:金丸晃輔(シーホース三河 #14)

横浜ビー・コルセアーズ戦でリーグタイ記録となる1試合11本の3Pシュート成功、自己最多を更新する45点の大爆発でチームを勝利に導いた。同地区の相手にホームで連敗することを回避したことに加え、試合も終盤まで拮抗していただけに、このパフォーマンスには大きな価値がある。4リバウンド、3アシスト、1スティール、0ターンオーバーと数字に出るミスがなかったことも称賛に値する。


★★:並里成(琉球ゴールデンキングス #3)

新潟アルビレックスBBとのアウェイ戦、14日の1戦目はシュートが好調で、3Pシュート2本を含め18本中10本のFG成功で今季最多となる22点をマークした。翌日の2戦目は12本中4本成功とシュートの調子がいまひとつだったものの、ポイントガードとしての本領を発揮。12本のアシストを記録したことに加え、ターンオーバーが0本という堅実なゲームメイクで勝利に貢献したことを評価したい。


★:橋本拓哉(大阪エヴェッサ #14)

島根スサノオマジック戦で2試合ともFG成功率が60%を超え、3Pシュートもトータルで7本中5本成功という高確率で決め、大阪がホームでしっかり2連勝する立役者となった。1戦目で16点を記録した翌日は、速攻でダンクを叩き込むなど24点を奪っただけでなく、6アシストも今季ベストと、オールラウンドなプレーで貢献。ここ12試合中11試合で2ケタ得点と、主力としていい仕事をしている。

文:青木 崇

辻直人の「 辻な音 」第12回

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ